フレデリカの初恋 (MIRA文庫)

制作 : 佐野 晶 
  • ハーレクイン
3.20
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596916372

作品紹介・あらすじ

高貴な血筋と富、そして麗しい顔立ちを生まれ持ったアルヴァストーク侯爵は尊大で皮肉屋なことで知られている。最近も強欲な姉に、冴えない姪を社交界に披露する舞踏会を開くようにせがまれ、断ったところだ。何もかもに退屈していたとき、遠縁の“親戚”を名乗る客が訪れた。その若い女性――質素な身なりだが洗練された立ち居振る舞いのフレデリカは、美貌の妹の社交界デビューに力を貸してほしい、と勇敢にも頼んできた。侯爵は、その信じられないほど美しい妹を見るや助けを申し出た。思い浮かんだ妙案にほくそえみながら。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代ロマンスの祖と言われるジョージェット ヘイヤー1965年の晩年に近い作品。
    退屈で憂う37歳独身。”優雅”で洗練”された男前なのに、皮肉屋”で”いやみ”な自己中心的な彼が、フレデリカの頼みを利用しようと考えた結果、彼女の兄弟妹の騒動に巻き込まれ、意外にも退屈から抜け出し彼女に惹かれていく様が描かれるコミカルなお話。
    原題は”フレデリカ”ですが、物語は男性視点を中心とした構成で、アルヴァストーク侯爵の初恋の物語と言ったほうがいいくらい。メルヴィル一家には優しくて男気あふれる侯爵にメロメロになってくれたまえ。
    ラストにヒロインが自分の気持ちに驚くまでがかなり遠く、二人の関係は淡い。邦題の”フレデリカの初恋”からイメージするような、乙女のトキメキを期待するとちょっと違うのでご注意。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4890.html

  • あいかわらず楽しいヘイヤー作品。
    末の弟の行動が、ちょっと破天荒すぎてどうなんだ、という感じですが、まあ、ヘイヤーらしいといえばそうですね。
    邦題はどうなんだろう。わざわざ「初恋」っていれる?
    原書通りのほうがインパクト強いのになあ。

  • フレデリカの、というか割と群像劇っぽい賑やかさ。
    フレデリカ朗らかで好ましい。
    カリスとエンディなんとかの話は特に滑稽。

  • ヒロインはヘイヤーヒロインらしい感じだった。
    しかし大兄弟になると、弟妹がアチャーになりやすい。
    意外とヒーロー次姉のオーガスタがちゃんと見てたんだなあ。

  • ☆4+
    厭世的なヒーローが子供にやさしいのがずるいけどほほえましくて大好き!もちろんヒロインにも何くれと手を貸すし…(侯爵のプライドをかなぐり捨てて!)
    あいかわらずシェークスピア的なドタバタ喜劇の積み重ねだけど、これまで読んだジョージェット・ヘイヤーの中で一番メロメロっぷりが直接的に描写されていたかも。ヒロインの妹が本当におバカなのが古い作品だな、という感じ。今ならもうちょっといい子に描かれそう。
     

全5件中 1 - 5件を表示

フレデリカの初恋 (MIRA文庫)のその他の作品

フレデリカの初恋 Kindle版 フレデリカの初恋 ジョージェット・ヘイヤー

ジョージェット・ヘイヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョージェット ...
ジュリア クイン
ジョージェット ...
ステファニー ロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フレデリカの初恋 (MIRA文庫)はこんな本です

ツイートする