塔の上の婚約者 (mirabooks)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596918499

作品紹介・あらすじ

荒野を統べる残忍なハイランドの王。
宿敵である彼へ、心まで許すはずがないのに……

ジョアンナ・リンジーが魅せる、
中世ハイランド・ロマンスの傑作!

宝石のような美しさとたたえられる氏族長の娘シーナは、
ある日、拘束されていた宿敵の若き氏族長ジェームズの脱走を助けたかどで
修道院送りにされてしまう。
しかし、そこで彼女を待っていたのは、あろうことか敵城にさらわれ、
囚われの身になるという運命のいたずらだった。
残虐な振る舞いで名を馳せるジェームズに怯えるシーナだったが、
悪魔のようにハンサムな彼はなぜか意外なほど優しく触れてきて……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハイランダー氏族長ジェイミーと、何十年も敵対するローランダー氏族長の娘シーナ。敵とは知らずシーナに一目惚れしたジェイミーだが、その氏族から襲撃を受ける。シーナが周りからジェイミーの残虐さを吹き込まれていたせいで、ひどく彼を恐れるが、その割に怒りを煽る態度ばかりするのが違和感。氏族長であるにも関わらず今一カリスマ性を感じられないジェイミー。イガミあいの末、結婚した後はなかなか面白かったが…。あれ程散々な目にあわされたのに、ちゃんとケリをつけず消化不良に終わった。
    ジェイミーの弟の方がいい仕事してたな。

  • ☆3.5

    1541年、和平協定を破って対立することになったハイランドの氏族長ジェームズとローランドの氏族長の娘シーラの物語。

    ハイランダー物にあまり親しみがなかったけど、テンポが良くてとても楽しめた。
    殺伐とした氏族の襲撃の様子や気に入った女性を拐ってきたりの強引さも時代と文化を感じさせる。
    二人とも頑固なタイプで対立は長いけど、ヒーローはわりと我慢強くて愛情深そうだし、場面転換などもあって飽きさせなかった。
    翻訳のせいもあるのか古さも感じない。

    1984年。

全5件中 1 - 5件を表示

ジョアンナ・リンジーの作品

ツイートする
×