すべて風に消えても (mirabooks SS 1-43)

  • ハーパーコリンズ・ジャパン
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596918574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもしろくてシリーズ既刊を一気読みしてしまった…ラストが未発売なんて…!(はやく!読みたいいい!)

    わたしのなかで最強最愛ヒロインはミレニアムシリーズのリスベットなんだけど、これは彼女にせまる勢いでワイリックも好きですね。ワイリックくそかっこいいしくそかわいいよ。
    次を早く読みたい。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    失踪事件を次々と解決してきた私立探偵チャーリーと、異能の美女ジェイドが受けた新たな依頼は、少年の不可解な神隠し事件。だが、ふたりに悲劇が…。「明けない夜を逃れて」「翼をなくした日から」に続くシリーズ第3弾。

    チャーリー&ワイリック3
    もともとチャーリーもワイリックも傷持ちだから痛いストーリーではあるのだけれども、今回は全2作に比べてもっと痛い。
    チャーリーもワイリックも大事な人を失ってしまう。
    アニーが自分の病気を踏まえて延命措置を望まないという書類にサインしていたのは愛情以外何物でもないだろう。
    ワイリックがベニーに支払ったお金も愛情。
    面と向かわずともふれあわずとも渡せる愛情は確かに存在していて、それが見えるストーリーでした。

    Blind faith by Sharon Sala

  • とうとう組織と決着をつけたのですね。で、二人の関係は?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

シャロン・サラ Sharon Sala
農家の娘として育ち、農場主の妻となるが、日々の仕事が好きになれずに小説の執筆を始めた。
1980年に書き上げた初めての作品を出版社に送る勇気はなかったが、1985年に父親が亡くなり、二カ月後に姉妹が急死したことから一念発起した。
自分自身が夢をかなえた今、時には作品のなかで厳しい現実を描き、一方で、希望と愛を文章の端々に織り込んでいる。
RITA賞8度ノミネート、アメリカロマンス作家協会功労賞受賞、ロマンティック・タイムズ誌功労賞5度受賞をはじめ、受賞歴数多。

「2020年 『悲しみにさよならを』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャロン・サラの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×