愛は遠いあの日から (ハーレクイン文庫)

  • ハーレクイン
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596931573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 麻薬取締官ヒーローx救急救命士ヒロイン

    生まれ変わり物。
    ヒーローの仕事のシーンが多くてロマンスが霞む。。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    1877年、娼婦がお尋ね者の男を射殺し、自らも命を断った。男は縛り首になるよりは愛する女に撃たれることを選んだのだ。そんな悲恋伝説などまったく知らないレイチェルは、最近、自分に起こっていることが理解できずに苦しんでいた。夢のなかで危険な男と愛しあっていたかと思うと、目覚めたときには涙を流しながら森にたたずんでいる。そんな姿を、ある夜とうとう見知らぬ男に目撃されてしまった。いいえ、彼のことは知っている―黒い瞳も、黒髪の手触りも。謎めいたその男に、レイチェルは強烈な引力を感じた。

    ブーンとパンキンのエピソードがいいな。ちっちゃくてブーとしかいえない女の子の手を離すのが、それが助けるためだと理解していても身を引き裂かれる思いというのは何よりのやさしさの現れだし、町で再開したときのエピソードもいいなと思うのでした。
    最後もうちょっと説明してあげてもいいんじゃないかと思うレイチェルの行動。
    かかれてはいないけど、時間をかけて彼に説明してあげるのだと信じたいものです。

    Shades of a desperado by Sharon Sala

  • 1877年、娼婦がお尋ね者の男を射殺し、自らも命を断った。男は縛り首になるよりは愛する女に撃たれることを選んだのだ。そんな悲恋伝説などまったく知らないレイチェルは、最近、自分に起こっていることが理解できずに苦しんでいた。夢のなかで危険な男と愛しあっていたかと思うと、目覚めたときには涙を流しながら森にたたずんでいる。そんな姿を、ある夜とうとう見知らぬ男に目撃されてしまった。いいえ、彼のことは知っている―黒い瞳も、黒髪の手触りも。謎めいたその男に、レイチェルは強烈な引力を感じた。

    前世もの? 筋がはっきりしているのに展開はまったりで冗長気味だった。

全3件中 1 - 3件を表示

シャロン・サラの作品

愛は遠いあの日から (ハーレクイン文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする