愛のオークション (ハーレクイン文庫)

  • ハーレクイン
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596933461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縛られても堂々としてるというかなお男らしさを保ってくれるのが理想。
    まさかこのシチュ読めるとは思わなかった…。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    なんてすてきな人なの―それがセバスチャンの第一印象だった。26歳の誕生日にブランディは慈善イベントの手伝いをしていた。そこでは魅力的な男たちが次々とオークションにかけられ、一番高値をつけた参加者に“落札品”と旅する権利が与えられる。最後に登場したセバスチャンに、会場の女性たちが色めき立った。瞬く間に値がつり上がっていくなか彼を競り落としたのは、なんと今までブランディの横で競りを静観していた姉だった!予想外の展開に唖然とするブランディに向かって、姉が告げた。「お誕生日おめでとう!彼は、あなたへのプレゼントよ」。

    1歩間違うととんでもなく陳腐なものになるストーリーをきちんと作品にしているのはさすが。
    ためらいと、駆け引きは似ているのかも知れないですね。

    それにしても、無駄遣いを楽しめないヒーローっていうのも初めてな気がするんですが。。。

    Fantasy by Lori Foster

  • アメリカって慈善事業のためには男の人もオークションにかける・・・
    セクシーな男性を落札してデートするっていう設定はハーレクインの中で珍しくないけど、日本人としては理解しがたいシチュエーション。
    ある意味ハーレは異世界ファンタジーなので、問題ないけど。
    今回は自分の姉が落札した男性と恋してしまうお話。
    ヒロインの過去がちょっと暗くて重い。
    ヒーローは良い奴でした。

  • 慈善事業手伝いヒロイン。警備会社経営ヒーロー。オークションで競り落とされた魅力的な男との旅行でトラウマ解消できたヒロインのロマンス。彼女の恐怖は実体験からきており それは可哀想な出来事で ヒーローのおかげで彼女の人生は劇的に変わり心身ともに癒やされたのではないだろうか。ヒロイン姉がゴージャスレディで興味深い人物だ。

全4件中 1 - 4件を表示

ローリー・フォスターの作品

愛のオークション (ハーレクイン文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする