忘れられた帝国

著者 :
  • 毎日新聞社
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620105376

作品紹介・あらすじ

十八で死んだ少年が語る、郊外=帝国の可笑しくも哀しい物語。連環する時間、イマジネーションの洪水。島田雅彦「帝国シリーズ」第一弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに手にしてみたが、こんなに詰まらない本だったか?というのが第一感想。
    どこか流れがが淀んでいて、そこに浸れなかったな。
    部分部分で光るものがあるのに、妙に下ネタに拘る?センスも疑問。
    まあ読んだタイミングも悪かったのかもしれないが、結局この作家とは距離を置く結果に舞い戻るということか。

  • 便器から狂ったように読み続けた。

  • 文庫版あり

全3件中 1 - 3件を表示

忘れられた帝国のその他の作品

島田雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする