ザエクセレントカンパニー

著者 : 高杉良
  • 毎日新聞社 (2003年3月発売)
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • 64人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620106649

ザエクセレントカンパニーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。
    これだけ仕事が楽しく人間関係が良かったら最高だね。
    日本企業はそういう優良企業が多いんだと思い出させてもらった。

  • 「マルチャン」の東洋水産がモデルだそうです。

    当の東洋水産は、「エクセレントカンパニーなんて・・・」と
    謙遜されているそうですが、
    これが中々。

    海外とのビジネス慣習の差を知るための参考書にもなるかも。

  • 燃ゆるときの続編に当たる小説です。
    ただ、前作とは違い仮名小説になっていて、
    主人公は社長から、架空社員になっています。

    これは、架空にすることで、時系列などの事実要因を
    除外して描くためらしいのですが・・・。

    ほぼ舞台はアメリカ国内。
    アメリカに進出した東邦水産はシェアの拡大とともに、
    工場などの拠点を増強していく。

    そこでは、日本で言う労働組合問題やセクシャルハラスメント問題、
    など数々の問題が発生していきそれを主人公の活躍で解決していく・・・。

    小説とは言え事実を元にしているだけに、山谷に落差が小さく、
    ”ああ、こんな感じだよね。”
    と思えてしまう内容ですが、勉強にはなります。

    勉強にはなっても、私のようなしがない平社員には実践する場がありません・・・。

  • ストーリーのテンポが良く、サンマルの世界に引き込まれました。
    少しディテールが大雑把な気はしましたが、自分のモチベーションアップやマネジメントについての勉強になりました。

  • 東洋水産をモチーフに書かれた本。トヨタやソニーだけが日本の会社ではない。終身雇用などの日本型経営手法は世界に誇るべきものかもしれない。

  • ビジネス小説はあまり読んだ事がありませんが、この本は読みやすかったです。

全6件中 1 - 6件を表示

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
高野 和明
池井戸 潤
東野 圭吾
東野 圭吾
高杉 良
有効な右矢印 無効な右矢印

ザエクセレントカンパニーはこんな本です

ツイートする