ミヤマ物語 第一部

  • 毎日新聞社
3.50
  • (18)
  • (33)
  • (66)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 280
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 深い山(ミヤマ)には、いろんなモノタチがうごめいている。ウンヌ/雲濡―同じ響きをもった二つの世界をめぐる少年、ハギと透流の物語。

  • ちょっと読みにくいかもと思った冒頭でしたが、話に引き込まれいい感じで読み終わりました。
    続きが気になります。

  • まだまだ序盤で、状況説明というところ。この先どうなるのかが楽しみ。

  • 一冊丸ごとプロローグでした。しかも先が気にならない。

  • ウンヌ村で貧しく厳しい生活を強いられている少年ハギは、ウンヌ村はなにかおかしいと感じるようになっていた。村から出てはいけない、そこにはヒトという名のマノモノがいて、会っただけで身が腐るという話を、おかしいと感じていた。
    一方、いじめが原因で不登校となった小6の透流はクスノキからふしぎな声を聞く。「ウンヌへ行けば、いい。」どうやら透流の父の故郷である雲濡村のことらしく、透流は父の実家へ行った。
    ふたりが出会うことで、お互いに知らないことを学び、自分が戦う相手を知り、変えようと動き出す。ふたりに突き動かされるように協力する大人たち。いつしかウンヌ村の真実を辿りつく。

    和風の世界で、簡単では済まない冒険も良いです。巻を追うごとにおもしろくなった。難をいえばエンディングが物足りないこと。あのままでもいいけれど、物語が重厚な分、もうちょっとほしかった。(でも新聞連載なので、短くてもしかたないかもしれません。エンディングに日数かけられないもんなあ)
    毎日小学生新聞で連載していたもの。全3巻。

  • 物語の導入編。
    評価はこの先、お話の転がり方次第かな。
    可もなく不可もなく。

  • ぐいぐい読めた。あさのさんの本は、どれもお話に引き込まれてしまうので、とても読み易い。階級のある社会で生きるハギと、登校拒否の少年透流の出会いの物語。新聞連載中は、毎日どのあたりで区切られていたのかが気になる…。

  • 本屋さんで平積みになっていたので、読んでみました。あさのあつこのお得意、ボーイ・ミーツ・ボーイ物語。そこに「山」が加わり、異形と掟が加わり…面白くない訳がナイ(笑)。

    本格推理のクローズド・サークルに出て来そうな山深いお屋敷。山里のカーストの底辺に生きる少年との出会い。大好物〜♫早く続き読まなきゃ!

  • 社会の最下層で,母子が互いを誇りに寄り添う姿に心打たれます。

    後半に,裏表紙のイタチと表紙の意味がわかりました。

  • さらさら読める
    ウンヌのハギと雲濡にきた透流の話
    未完、つづきまち

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、岡山県生まれ。青山学院大学を卒業後、小学校講師を経て作家デビュー。「バッテリー」シリーズで野間児童文芸賞、日本児童文学者協会賞、小学館児童出版文化賞を受賞。『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞。児童文学から、ミステリー、SF、時代小説など幅広いジャンルで活躍している。著書多数。

「2021年 『にゃん! 鈴江三万石江戸屋敷見聞帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
あさの あつこ
あさの あつこ
湊 かなえ
三浦しをん
坂木 司
宮部 みゆき
有川 浩
あさの あつこ
有川 浩
有川 浩
あさの あつこ
あさの あつこ
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×