パラドックス13

著者 :
  • 毎日新聞社
3.47
  • (356)
  • (722)
  • (909)
  • (244)
  • (58)
本棚登録 : 5320
レビュー : 749
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107394

作品紹介・あらすじ

13時13分からの13秒間、地球は"P‐13現象"に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間-目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世紀末、この世の終わり…的な物語は大好きなので
    これまでも
    たくさん観たり、読んだりはしてきた。

    …が、
    いつも用意されているのは安全な傍観者用の席であり、
    私は神の様に眺め、楽しみ、
    観賞後は目覚めれば消える(悪夢)を終わらせるかのように本を閉じ、
    (はい、おしまい。)

    しかし、東野さんが用意した箱舟には
    この世界に触れた全ての人間を強制的に乗船させる力があった。

    生き残っていけなかった世界に、取り残されてしまった数人の男女。
    性別、年齢、性格、上手い具合にばらけた人選は、
    この中の誰かに読者が自分を重ね合わせてしまう仕組みになっているのではないだろうか。

    命の存在が絶対許されぬこの世界の意志は
    生きたい、と必死でもがく(私達)から
    水や食料どころか、立つ地さえも奪って行く。

    本当に、人にはもう成す術はないのだろうか。
    ならば、何故彼らは生き残ってしまったのだろうか。

    13分の謎も面白かったが、極限の中で葛藤する人々の心の揺れ、がとても興味深かった。

  • 3月13日午後1時13分13秒を境に、世界から人が消えた。
    ごく少数の政府関係者と科学者のみが知る機密事項であった「P-13」現象。
    時空のひずみに落ちた10数名が東京駅で出会い、共同生活を始める。
    しかし、頻発する地震と大雨に、徐々に地盤は陥没し、道路は寸断され、行動が制約されるようになる…

    なぜ自分が、この世界にいるのか…
    天変地異が起きて世界に自分が取り残されたら。
    漂流教室や、7SEEDSや、ドラゴンヘッドみたいで、こういう設定にはそれだけで魅かれてしまう。
    この間、ロシアに隕石が落ちて、「7SEEDSな世界到来?」という妄想でいっぱいになったところだったので、とてもタイムリーな感じだった。
    (なぜ自分がそんな希少な存在になれると思えるのか不思議だけど、ときどきそういう想像しては「はわわ、私何もできない」とぶるぶる震えてみたりする。)
    ひとり生き残るのも怖いけれど、全くの赤の他人と生き残るのも怖い。
    疑心暗鬼に陥り、反目しあい、傷つけあうのでなく、前を向いて信じて助け合うことができるのだろうか。

    一気読み。でも最後が尻すぼみだった~~^_^;
    それから、誠哉の新しい国づくり構想があまりに唐突でついていけなかった(本人はずっと考えてたのだろうけど)。
    いやいやそこで持ち出す話かー?!そりゃそっぽ向かれちゃいますよ!

    おいしいコース料理を食べて、魚料理までは大満足だったのに、肉料理で「あれ?」と違和感を感じ、デザートはバナナひときれだった、みたいな残念感(笑)。
    もっと「面白かったあ!」と思って読み終えたかったなぁ。

  • 東野圭吾さんにはめずらしくSF。
    読み応えもあってハラハラしたけど、最後がわりとアッサリしていて残念。

  •  所轄の刑事である久我冬樹は、犯人の車に必死にしがみついていた。
     兄である本庁の兄が銃で撃たれ、自身も撃たれたと思った瞬間……自身の周りの人間が消えた。
     東京から自身を含むわずかな人間を残して、生物が消えた。ライフラインは寸断され、異常気象が襲う。東京に、自分たちに何が起こったのか。

     ミステリ作家・東野圭吾さんが描くSF作品、「P-13現象」によって、生物が居なくなってしまった東京での少人数のサバイバルを描いている。
     東野圭吾さんは多彩なミステリを書き、その中でSFテイストなミステリもあるが、この作品はSFテイストでなく、まっとうなきSF。

     3月13日13時13分からの13秒間に「宇宙全体が移動する」という現象が起きるということが分かり、普通に暮らす者には知らされない。
     破壊されていく東京でモラル、善悪とは何かを問いつつ、読み始めたら止まらない「当たり」の東野圭吾作品。

     ラストが弱いという意見もあるが、どんでん返しが目的の作品とは思えないので、生き残った人たちのラストとして充分じゃないかなぁ。個人的には好きな作品です。

  • 科学的にも納得出来ず中途半端

  • 13時13分13秒からの13秒間に何かが起こると予測されるが、パニックを嫌き一般市民には伝えられない。そしてその時、世界から13人を残し人々が消えてしまう。相次ぐ地震、大雨、津波。首相官邸に逃げ込んだ彼らは、これがP-13現象だという資料を見つける。元の世界に戻るに為には・・・
    SFというよりは、人間ドラマ。国ごとにルール(法律)が変わるように、異常な世界では今までのルールは通じないということに悩み、葛藤する13人。言っていることは分かるが、自分だったらどう考えるか悩んでしまう。最後に少々疑問が残る箇所があたが、かなり整合性が取れているのはさすが東野さん。

  • 読み応えがありました。
    現代社会がみるみる壊れていく中で、10人の生存をかけて頑張る誠哉。
     普通なら絶望してしまう状況の中で、それでも最良の方法を探して、みんなを導こうという考え方には感動しました。
    「天は自ら助くる者だけを助く」という言葉が印象的で、最後にそれが立証された時にはすごく納得しました。
    ただ、何故一番頑張った誠哉が死ななければならなかったのか?
    それだけは腑に落ちない面が大きかったです。
     しかし、こんな物語を考え付く東野さんはやっぱりすごい。
     そして明るい未来を期待させる終わり方はとっても好感が持てました。

  • 面白かった。再度P-13現象が起こらなかったらどういうラストになっただろうか。ドラマ化したら視聴率取れそうな気がする。

  • タイトルのパラドックス13、は、ブラックホール等の影響で、特定日時から13秒間、時間が消滅する、という現象。
    その場に遭遇してしまった人々のサバイバルストーリー。

    設定自体はSFでよくある設定。
    2009年刊行なので、阪神後東日本や熊本震災以前に書かれたものであるが、大震災が続いている中、限られた人数で残された場合、具体的に何を思い、どう行動するのか、が、各登場人物に割り振られていて興味深い。

    全体像が見渡せリスク管理をし、自然とリーダー役にはるもの、自堕落になるもの、周りの迷惑にならないよう、常に反発するもの、などなど。

  • さーーっと読めてしまう作品(いい意味です)。
    映画を一本見ているような、
    情景描写と心理描写のバランスをとりながらも読者の目を決して止めない文章力はさすがです。

全749件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東野 圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。
1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。
代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。今後映画化が決まっている作品に2018年11月16日公開『人魚の眠る家』、2019年公開の木村拓哉主演『マスカレード・ホテル』、同年公開予定に玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。

パラドックス13のその他の作品

パラドックス13 オンデマンド (ペーパーバック) パラドックス13 東野圭吾

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パラドックス13を本棚に登録しているひと

ツイートする