信長と信忠

著者 :
  • 毎日新聞社
3.50
  • (4)
  • (13)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 66
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい作品だ!自分の中での謎がほんの少しだけ溶けたような気がした。信長率いる織田軍団の中で本当の力を計り知れない人物がいた。伊勢長島の戦闘後の父と子の会見で白装束に身を包み切腹の準備をしていた愚将として存在していたり、武田の滅亡戦では武田のお株を奪う早きこと風の如しであったりと本当に力が測りきれなかった。

    「信長と信忠」

    秋山信友。武田24将に数えられる猛将である。説得により開城した岩村城。その秋山が守る岩村城を信忠は5ヶ月を要しただけで陥としていた。信友が落としきれずに説得により開城させた城をである。武田の最前線を守る男をである。その後も雜賀攻めや信貴山城の戦い、高遠城を陥とすなどと、これだけ攻城戦に強かった武将を僕は知らない。

    特に岩村城や高遠の城に関して、信長自体は無関係で自分の力で陥としている。現代の世で信忠の力不足説は当たり前のように出ているが、織田政権は信長が完成させるのではなく、信忠が引き継いで真の一枚岩となり完成されたものではないかと思う。

    久しぶりに面白い本でした!
      

  • 稀代の天才ゆえに周囲からの理解を得られない織田信長。その息子に生まれ、慎重にそつのない言動を重ねていく信忠。
    父・信長の理不尽な怒りにもうろたえることなく淡々と受け流す信忠を気に食わなく思う一方、跡継ぎとしての問題はないため、退けるわけにもいかなく歯がゆい信長。
    何も与えられず、周囲が敵だらけの中成長した自分に比べ、信忠は一体何の苦労をしたというのか――。
    信長の寂寥感と父子の葛藤を描く。

    (2010/1/8 読了)

  • 父親織田信長を描いているから、面白さは今ひとつだと思う。信忠を描くのなら、その最期の心境も描いて欲しかったと思う。

  • 信忠にフォーカスした本ってない、というより、人物像がはっきりしない(信長の嫡男ってことと幼名が奇妙丸ってことくらい)だったのでちょっと期待して読んだけど、いまいちかな。
    若干の信忠人物像と、父としての信長という角度で書かれた本。小ネタがチョイチョイ、結末は知ってるとおり、って感じ。もうちょっと意外な側面とかそういうの期待してたんだけど。

  • 織田と徳川の父子の関係の違いが…信長が人間臭く、信忠がつかめない。

  • 息子の才能に嫉妬し、常に周囲の裏切りを警戒する器の小さい信長。こんな信長は見たくなかった。才能があるという信忠にしても、淡々としていてあまり魅力が感じられなかった。

  • まぁ、おもしろい。じ~んとくる、ことはくる。...が、今一つ。おもしろいことはおもしろいし、ボリュームも少ないので一気に読める。なのに、何かこう、物足りないというか中途半端というか。

  • 信長を「父」の視点から捉えた珍しい作品。鈴木輝一郎先生は以前にも「狂気の父を敬え」で織田信雄(信長の三男)を主人公にした本を書かれていますが、今回は信長からの目線で長男信忠を見るという、普通の歴史小説ではあまり見られない話です。歳を追うごとに段々変わっていく二人の親子を、「戦国武将」ではなく「父子」として読めます。蛇足ですが、信長の正室である濃姫様が、今まで読んだ本の中でもダントツで素敵なお方です。

  • 軍記とドラマどちらを取るか

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1960年岐阜県生まれ。94年『めんどうみてあげるね』で日本推理作家協会賞受賞。著書に『浅井長政正伝』『信長と信忠』『お市の方』『織田信雄』等多数。主宰する小説講座からは各文学賞受賞者を多数輩出。

信長と信忠のその他の作品

信長と信忠 Kindle版 信長と信忠 鈴木輝一郎

鈴木輝一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 兼一
三谷 幸喜
安部 龍太郎
佐藤 賢一
加藤 廣
安部 龍太郎
岡田 秀文
富樫 倫太郎
冲方 丁
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする