6 シックス

著者 :
  • 毎日新聞社
3.63
  • (4)
  • (17)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620107851

作品紹介・あらすじ

ヒーローだけが主役じゃない!恋愛、友情、嫉妬…人生の数だけ物語は紡がれる。補欠も就活生もお母さんも…誰だって人生の主役なんだ!だから人は愛おしい。神宮に響け!リアル青春ストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京六大学を題材にした 6つの短篇集。
    6篇とも関連性がありながらも
    全てが 大学野球の選手を
    主人公にしているわけではなく
    マネージャーや、女子学生、就活生、母親を
    中心とした話になっていて おもしろかったです。

  • 六大学野球部を絡めたお話、6作からなる短編集。東京の人が読むとあるあるって感じでおもしろいのかな。大阪住みで更に大学受験しなかった私には大学の違いがよく分からない…!明治大学の就活生がえらく卑屈になってたけど、明治大学って私からすると頭のいい大学というイメージしかない。だから早稲田とライバルで劣等感があって、となってもいまいちピンと来ず…。
    さぁこの後どうなる!?というところで各話終わるけど、次ページの新聞で結果を知れるというのもおもしろい演出。
    お話としては『赤門のおちこぼれ』と『若き日の誇り』がおもしろかった!大学生ともなると、マネージャーも経理任されたりと本格的なのね!こういう裏方業は社会に出たらかなり役立ちそう。

  • 銀縁くんという神宮のスーパースターが各編のキーワードになっている短編集。
    思いがけずおもしろかった。
    とくに各編の最後にある試合結果がかかれた新聞がよかった。

  • 甲子園のスターだった 「銀縁君」こと、星くんを中心に 物語が 進んでいく。中盤、読み飛ばした部分があったけど ラスト、良かったです♪ ちなみに、息子中学生が ただいま 軟式野球部入部しています。

  • 高校野球部員を題材に描いた「ひゃくはち」の著者が東京六大学野球を題材に描いた作品。
    高校で全国制覇し、「銀縁くん」の愛称でスターとなり早稲田に進んだ星を軸に彼と関わった、影響を受けた東大、法政、明治、立教、慶応の人物を描きながら秋のリーグ戦が進んでいく設定。
    ただ、各章は試合直前で終わり、試合の描写はされていません。
    各章の最後に新聞記事という形で試合結果がわかるという見せ方は面白いなと思った。

  • 冒頭の二章(「赤門の落ちこぼれ」,「若き日の誇り」)で“銀縁くん”を中心とした野球小説の渦にぐぐっと引き込まれたけど、その緊張感が続かなかった。野球小説というより野球を中心付近に据えた青春小説にしたかったのかもしれないが、作者の意図と自分が求めてるものが違ったみたい。

    ともあれ、大学時代に六大学野球を観戦しておけば良かったという後悔を惹き起こした、事も添えておきます。

  • 6大学の裏舞台を垣間見た感じがしました。楽しく読ませてもらいました。

  • 東京六大学の野球を中心とした六つの話し。後半がだれたが最後は良かったかな~ 2013.8.15

  • 東京6大学野球をめぐる短編集6編。
    6大学野球の大学の各々の立ち具合を見るようだった。
    6つの話が野球と絡み、いろんな立場から神宮をみつめた。
    洒落ていて面白かった。

全18件中 1 - 10件を表示

6 シックスのその他の作品

6シックス Kindle版 6シックス 早見和真

早見和真の作品

ツイートする