ギリシャ神話の旅

著者 :
  • 毎日新聞社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620306704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 神話は、神々の気まぐれにより不条理な出来事が身に起こっても、それを運命として受け入れ、生きることを教えてくれる。

    それは、現代でも善意で懸命に生きていても、人は相変わらず病苦や災害や事件に巻き込まれるというのは、東日本大震災や熊本地震を経験した我々には切実に感じられる。

    また、ゼウスの愛人、その間にできた子の多さには感心する。

  • もう20年も前になりますが、ギリシャを1月ほど旅しました。
    この本に導かれて(笑)。

    いろんな訳者の神話がありますが、この本は物語としての神話と言うだけではありません。
    ギリシャのそれぞれの土地でどんなふうに人が生き、神を思ってきたのか、を描いています。
    いまだにそこに神々がいるように思えていました。

    この本に挙げられている有名どころの旅はとても楽しかったです。

    ゼウスの信託を告げた樫の木
    地球のへそと考えられていた石
    陶酔の秘儀が行われていた場所
    そのほか・・・

    ギリシャ神話って豊か。
    じつはかなりシビア。

    現代のギリシャもいろんな問題を抱えつつ人はにぎやかに生きている。
    物語としてのギリシャ神話の世界と、生きている今のギリシャを橋渡ししてくれるような本でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1938年、広島生。学習院大学卒業。平安文学を専攻したのち、74年に小説家としてデビュー。また古代ギリシアについての研究を深め、神話発祥の地への旅を重ねるかたわら、ギリシアについての著作を執筆。『ギリシア神話の女たち』『ディオニュソスへの旅』『癒しの旅 ギリシア・エーゲ海』(筑摩書房)、『ギリシア・神話の旅』(講談社文庫)、『ふだん着のギリシャ』(読売新聞社)など多数の著作がある。

「2018年 『ギリシア神話物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠見千鶴子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×