「靖国」という悩み―昭和史の大河を往く

著者 :
  • 毎日新聞社
3.55
  • (3)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620317922

作品紹介・あらすじ

昭和史研究の第一人者が靖国問題の本質を、昭和天皇の怒りの真意を、あの戦争の意味を、渾身の取材と考察で説き起こす大反響必至の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 靖国神社が,戦没者の慰霊や追悼に名をかりて,歴史解釈や政治活動の拠点となしている靖国の本質や大東亜戦争の意味を説いた本です。
    偏狭した考え方との対比もなされ,総理大臣の靖国参拝問題などについて,思慮深く考察されています。

全3件中 1 - 3件を表示

「靖国」という悩み―昭和史の大河を往くのその他の作品

保阪正康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
半藤 一利
村上 春樹
半藤 一利
三浦 しをん
百田 尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする