こういうとき、どうするんだっけ (自立のすすめ マイルール)

著者 :
  • 毎日新聞社
4.33
  • (11)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620320236

作品紹介・あらすじ

主人公のまきちゃんはかわいい小学生の女の子!楽しい漫画と、著者のやさしい解説で贈る、子どものための自立のすすめ。読者の子ども達は悩むまきちゃんと一緒に考えることで、身の回りの課題に自分で対処する自立心を身につけることができます。まんがを通して子ども自身で学べる、新しい「自立の教科書」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子どもの立場だけじゃなく、ときどきちょっぴり大人の考え方を交えて「こんなときどうするんだっけ?」を教えてくれるから、わかりやすいと思う。
    押し付けがましい書き方でないところも好きだなぁ。

  • 小学生になったら

  • たのしいー
    子供に読んで欲しいけど、大人もだよね。
    基本に忠実にできるか、改められるか、謝れるか、
    楽しい人生のための説明書だったりするね

  • 大人でもはっとさせられる。
    ハッとしました。

  • 「自立できる子になるために」。そう聞くと、つい家事の指南書かと思ってしまうけど、この本はちょっと違う。「すごい勢いで怒られた 心が苦しい時には」こんな風に考えてみたらどうかな…など人との関係、自分の心の持ちようにも触れている。子どもにも読みやすいコミックつきで、主人公のまきちゃんが悩んだり、悲しんだり、うれしくなったり、お母さんと年末年始の準備をしたり…。
    自分を大事にしながら、周囲の人にもものにも心を配ることが自立だよ、と優しく教えてくれるとてもよい本。

  • 小学生中学年以上がターゲットですが、
    まだ身に付いていない大人も読んで欲しい。
    子供向け文章だけど、大人もはっとすることがあります。

  • 朝倉さんのイラストに惹かれて購入しました。大人が読んでも、というより大人が読むと癒される一冊かも。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

一般社団法人生活哲学学会代表理事

「2017年 『女子力アッププリンセスマナーレッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辰巳渚の作品

こういうとき、どうするんだっけ (自立のすすめ マイルール)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×