検察崩壊 失われた正義

著者 :
  • 毎日新聞社
3.93
  • (10)
  • (18)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620321479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所謂、陸山会事件の関係者の対談集。

    誰が考えても無理筋の捜査、立件で検察審査会による裁判。

    検察のウソがウソを拡大再生産してしまうという悪循環。

    ニッチモサッチモ行かなくなり、最後の大嘘。

    そのようなことの一連の流れが、正義をこよなく愛するメンバーの対談集。

    閉鎖社会でコソコソ生きる検察が惨め。

    このような腐りきった組織を再生できるのは市民の力しかない。

    八木啓代氏、がんばれ!

  • 検察が自分を『神』と勘違いしているのは怖い。制度を見直した方が良いと思いました。

  • 門外漢すぎて、対談者のベースとなっている事件・事実さえ知らなかったくらいだが、問題の多い現状は理解。広く読まれてほしい一冊。

  • ネットや一部の著作で言われている「検察の権力・横暴」には懐疑的だったが、郵便不正事件、小沢裁判などの一連の検察不祥事から本書を購入。著者と上記事件の当事者との対談を通じて、検察の問題点(恣意性や間違いを否定できない体質)が浮き彫りになっている。

  • ライブドア事件辺りから、検察ってちょっとおかしくなって来てないかと感じだし、村木さん、小沢さんの事件で信頼が失墜。日本がまともな法治国家である為に、検察組織には生まれ変わってほしいです。新聞、メディアがスルー気味なこういった問題を、正す為に活動されている方々は本当に尊敬します。

  • 八木啓代のひとりごと お待たせしました。検察をズタズタにして差し上げましょう
    URL : http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-658.html

    はっきり言っちゃいますよ。これ凄いです。
    郷原信郎弁護士をホストに、小川元大臣、石川議員、大坪元大阪地検特捜部長、そして、このあたくしが、対談をするという内容なのですが、小川元大臣、さすが元法曹三者の経験者だけあって、その突っ込みの凄まじさは、郷原弁護士がたじろぐほど。さらに、石川議員は、もう爆弾発言炸裂させ、大坪氏は、史上かつて無い逆ギレを見せてくださっています。

    この濃ゆい皆様方に比べると、私のような者は糸トンボみたいな存在感ではありますが、(一方で、他の3人は全員「検察に痛めつけられた被害者」なのに,1人だけ「痛めつけてる加害者」がいるという説もありますが)、とにかく、出たら、大話題を呼ぶことになると思います。是非、お買い求めください。

全19件中 11 - 19件を表示

著者プロフィール

郷原 信郎(ゴウハラ ノブオ)
郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表
1977年東京大学理学部卒業。83年検事任官、公正取引委員会事務局審査部付検事、東京地検検事、広島地検特別刑事部長、法務省法務総合研究所研究官、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官兼教官などを経て、05年桐蔭横浜大学法科大学院教授、06年弁護士登録、08年郷原総合法律事務所(現・郷原総合コンプライアンス法律事務所)開設。09年名城大学教授。2012年関西大学特任教授。
『青年市長は司法の闇と闘った』(KADOKAWA、2017年)、『告発の正義』(ちくま新書、2015年)、『検察崩壊~失われた正義』(毎日新聞社、2012年)、『第三者委員会は企業を変えられるか~九州電力「やらせメール」問題の深層』(毎日新聞社、2012年)、『組織の思考が止まるとき~「法令遵守」から「ルールの創造」へ』(毎日新聞社、2011年)、『特捜検察の終焉』(飛鳥新社、2010年)、『検察が危ない』(ベスト新書、2010年)ほか著書多数。

「2019年 『初級 ビジネスコンプライアンス 第2版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

検察崩壊 失われた正義のその他の作品

検察崩壊 オンデマンド (ペーパーバック) 検察崩壊 郷原信郎
検察崩壊 失われた正義 Kindle版 検察崩壊 失われた正義 郷原信郎

郷原信郎の作品

ツイートする