ウェブでメシを食うということ

著者 :
  • 毎日新聞出版
2.87
  • (1)
  • (3)
  • (13)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 95
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620323855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人的にはすごく好きな本。変に期待させず、正直に丁寧に伝えようとするとどうしても言葉の表現がストレートになってしまい、受け取る人にとっては嫌な気分になるんだろう。

    そんなものは当然なのがもっと浸透してほしいが、それはさておきとにかくメシを食うということは、特にWebの世界ではどういう事なのか、他の業種と何が違うのか、読んで把握できると仕事がしやすくなると思う。

  • 【No.175】「なんとなく庶民的で身近なモノがネットではウケるのだ、という感覚をこの頃から抱くようになっていた」「給料の安い人に手間をかけさせてはいけない。普通とは異なる行為を公共の場でやったことを報告してはいけない」「我々はご飯を食べ、トイレに行き、恋愛をし、死んでいく。そして、人間には1日24時間しかない。睡眠を取らなければ体調は悪くなるし、ひとりぼっちだとときどき寂しくなる。インターネットがあろうがなかろうが、人間は何も変わっていない」「会っていない時は、互いに警戒しあって悪いところしか見ないが、会ってじっくり喋ると共通点が多いということがわかる」「ネットではリア充をアピールすると反感を買うが、自虐的であればあるほど共感される」

  • 冗長なネット周辺にまつわるエッセイ。文章はうまい。惹き込まれはしないが、読み続けられる。タイトルの答えがどこに書いてあったのか斜め読みでは見逃した。結局、著者自身もどっぷりネットにはまったバカの一族のように思えた。

    高校、大学で情報工学と物理学を学び、文章とは何か意味のあることを書くものと、私は思っている。大袈裟にいうなら、自然科学の真理の探究に関する記述以外は、意味のない文章だ。例えば、週刊誌に出てくる延々と続く叙事文など、読むに堪えない。本書もそれである。

    本書はネットに関するここ20年の歴史書である。その渦中にいた著者による叙事的エッセイ。何か抽象化した結論が述べられるわけでもなく、未来に関する予測が述べられるわけでもなく、思いがつづられるわけでもない。ましてや金儲けの仕方やネットを使いこなすコツがわかるわけでもない。こういう下らない人間(他意はなく率直な私個人の主観的人間評価)がネットに限らず世間には大勢いて、またネットでもそういう人物が楽しく毎日を営んでいるということがわかった。

  • うーん

  • 007.3

  • ネットが広まっていく過程を自分の体験をもとにして語っていて分かりやすい。
    最後は固有名詞が多すぎて、
    知っている人なら、つながりの醍醐味を感じられるのかもしれない。
    ネットで有名になった人たちと言うのは多数いると思うが
    ひとつの事例を知ると、
    今の膨大で、とらえられない規模の世界にも
    始まりがあって理由があったんだと分かる。
    ネットニュースをはじめとして、
    更新の頻度と記事の多さを思うと
    どうでもいい内容、どうかと思う参照先、
    反応として挙げられる事例の薄っぺらさ、
    文章の拙さ、
    どれも致し方ないことなんだろうが、
    いつのまにかそういう単純で分かりやすく本当にそうなのか検証も甘いようなネタと
    瞬発力だけの無責任な反応に埋もれて、
    世間の雰囲気が作られてってしまうのかなと不安になる。
    今もこの先も、
    誰がどこまで網羅できるのか、
    広がりすぎた世界を整理し説明してくれる人が
    求められるように思う。
    他にもたくさん著作があるようなので、つまんで読んでみるつもり。

  • -

  • web黎明期からの壮絶な人生

  •  ネットニュース編集者の中川淳一郎が自身の半生を振り返りながらWEBの歴史を語る。

     ハウツー本ではなくて、自叙伝的に振り返りながら日本のWEBの歴史を追っていく。そうだったよな、昔はそうだったよなと思えたり、そんなことがあったのかと感じたり、読んでてなかなか楽しい。
     面白いのはWEBに詳しかったからWEBメディアの編集をしてたのではないところ。やっぱり人間って人との縁とかめぐり合わせなんだなぁと実感。

  • 中川氏の事はTBSラジオのセッション22で聞いて知りました。ただのよっぱらいだと思ってましたが、ネットの黎明期から仕事してたことが、ラジオでの強気な発言の裏付けだったんだと少し納得。
    半生を綴りながら、ネットの立ち上がりから普及の今までの歴史もその時の人物をベースに書かれてるのでネットの歴史としても読めます。

    しかし、本人のネット上のキャラクターからは想像つかないくらいおとなしい(落ち着いた)文書を書くんだね…

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ネットニュース編集者・PRプランナー。1973年生まれ。東京都立川市出身。一橋大学卒業後、博報堂で企業のPR業務を担当し、2001年に退社。CM・広告関連記事を担当する雑誌ライターとして活動後、「TVBros.」編集部などを経て現在に至る。主な著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)。

「2017年 『ネットは基本、クソメディア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウェブでメシを食うということのその他の作品

中川淳一郎の作品

ツイートする