おばさんの金棒

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.19
  • (0)
  • (9)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620324159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年刊のエッセイ やっと借りられました。
    おばさん目線での怒りやら戸惑いやら、
    切なさやら、
    また不思議な話が読みたい。

  • 今までの室井さんのエッセイ集のなかでは、一つ一つのエッセイが短め。しかし、ジーンとくるもの、辛口もの、成る程と同意できるものなど、色々。

  • 室井滋さんのエッセイは、すっきり!ぱっきり!おもしろいので大好きです。

    今回の作品は、超短編作品です。
    あっという間に読んでしまいました。

    読んでると、とても楽しいんですが、あっという間に読み終えちゃって残念・・・。
    もっと読んでみたいですねー。

  • 楽しく読ませてもらいました。

  • 毎日新聞と夕刊フジに連載したコラムをまとめたもの。室井さんのエッセイは初めて読むが、想像してたとおりの室井さんの世界で面白い。言えば等身大のおばさんキャラと子どものような素直な視点でしょうか。このようにサラッと書けるのは意外と難しいのかもしれない。テレビ映画の舞台裏の話も面白い。急いでノックするシーンで2回だけノックするとそれはトイレのノックになるので苦情が来るそうだ。時代劇でサヨナラと手を横に振ってはいけないとか。もっといい加減な話づくりをしているのにそういうところだけ厳格だ。

  • おばさんの独り言集みたいな感じ。

  • 室井さん くっすっと面白い。

  • 室井さんのエッセイ。飾らない人柄が伝わってくる。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

富山県生まれ。女優。早稲田大学在学中に「風の歌を聴け」(1981年)でスクリーンデビュー。数々の映画賞受賞のほか、2012年に日本喜劇人協会喜劇人大賞特別賞、2015年松尾芸能賞優秀賞を受賞。1991年マガジンハウスより『むかつくぜ!』を発刊以来、著書多数。2011年に『しげちゃん』(金の星社)で絵本原作デビューし、同年より絵本ライブを全国で開催。ほかに、『ウリオ』『キラキラ は・は・歯』(世界文化社)、『チンチンボンボさん』(絵本館)、『しげちゃんと じりつさん』(金の星社)がある。また、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」「ファインディング・ドリー」日本語版のドリーの吹き替えや、「FMとやま」で昔ばなしの読み聞かせも行っている。

「2016年 『いとしの毛玉ちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

室井滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする