TOKYO海月通信

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620324883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今年も楽しく読了。
    やっぱトランプのあの頭髪、著者も気になっていたかぁ。
    息子がクールな美少年だった?注意しておこう。
    勝新とおもわぬ接点があったり(ほんと憎めないお人柄だっったようだ)電車の中でもほとんどの人がスマホをしていたり、ひどいのは歩きながら”がつがつするな”と、ほんとこのお言葉がぴったり。
    自分のことを”根っからの粗忽者”というあたり、激しく共感してしまう。
    今回もメモった書籍、映画多し。

  • 2017年もいろいろなことがあったなと振り返りながら、今回も読みました。
    映画評についても、今年もまた参考になりました。

  • 「サンデー毎日」連載の中野翠さんのコラム本、かなり久々(8年振り?)に手に取った。ああ~この痛快さが心地よい、しばらく読まなかったのが勿体なかったと思うほど。
    2016年10月から2017年10月の一年間、あんなことこんなこと…色々あったなぁ、中野さんのつっこみに頷くこと多し。おなじみ中野さんのイラストも好きで、似顔絵が特徴をうまく捉えていてよく似ているのよね。特に藤井聡太君、かわいい!私も大好きな、「LIFE!」の星野源演じる「オモえもん」に触れてくれたのも嬉しかった(また見たいよ~)。
    おっちょこちょいエピソードもまた面白く、このジタバタしてる感じにすごく親近感がわいてしまうんですよね。スマホを巡る、ちょっと非常識な人たちの話も印象的だった。
    たくさん紹介されている映画も、そそられたものが多し。最近めっきり洋画を見なくなってしまったので、色々な作品を知ることが出来てよかった。気になったものは是非いずれ見たいなと思う。
    各月扉の、中野さんによる俳句もまたよかった!本人は駄句と謙遜されているが、わかりやすくてユーモラスでとても好きです。個人的には5月の「若き日のしくじり持ってけ春嵐」がお気に入り。
    今回は装丁も素敵だったな、色数は少ないのにすごく華やかで、懐かしさと新しさを感じさせるデザインがツボでした。

  • 毎年恒例!2017年のベスト映画・本など娯楽、雑談満載で総ざらい

    世を憂えてるヒマなし! この道30余年の著者による世俗観察コラム集(自筆絵&句入り)。

  • いつもは楽しいけれど、お相撲のところがいまだ揉めているので、この先どうなるんだろう?と考えてしまった。

  • 914.6

全6件中 1 - 6件を表示

TOKYO海月通信のその他の作品

中野翠の作品

ツイートする