• Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620325712

作品紹介・あらすじ

米国の覇権がゆらぐ中、日本はいつまで属国でい続けるのか?反骨のジャーナリストが、怒りの法哲学者&紛争解決人を相手に憲法改正、日米安保を徹底討論。

著者プロフィール

1934年、滋賀県生まれ。1960年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。1963年、東京12チャンネル(現・テレビ東京)に開局の準備段階から入社。1977年、フリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ! 』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。1998年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授と「大隈塾」塾頭を務めた(2017年3月まで)。『朝まで生テレビ! 』(テレビ朝日系)、『激論! クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数。

「2020年 『嫌われるジャーナリスト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田原総一朗の作品

ツイートする