沖縄をめぐる言葉たち 名言・妄言で読み解く戦後日本史

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326368

作品紹介・あらすじ

歴史を変えた言葉、真相を伝えた言葉、曲解された言葉。
戦後の沖縄を彩った「言葉」を切り口に、戦後75年のこの国の実像を照らし出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『沖縄をめぐる言葉たち 名言・妄言で読み解く戦後日本史』 鮮鋭に描いた沖縄戦後史 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1174831.html

    沖縄をめぐる言葉たち 名言・妄言で読み解く戦後日本史 | 毎日新聞出版
    http://mainichibooks.com/books/social/post-725.html

  • 2021.05.17
    第6章の 5「仲井真さん、弾はまだ一発残っとるがよ」について
    翁長雄志への選挙応援演説で菅原文太が言ったこの一言について、著者は「菅原にとって、残っている一発の弾とは自らの命だったのだろう」と書いているけど、よそ者の菅原が仲井真弘多に対して、あなたを最後に射抜くのはこの私だなんて言ったりしないだろう。菅原は今まさに目の前にある民意を呼び起こしに出向いてきたのであって、沖縄の民意をこそ最後の一弾だと言ったというなら納得もできるのだけど。

  • 東2法経図・6F開架:219.9A/Ka92o//K

全3件中 1 - 3件を表示

河原仁志の作品

ツイートする
×