犬と猫 ペットたちの昭和・平成・令和

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326498

作品紹介・あらすじ

動物愛護管理センター長がひもとく日本の犬猫・殺処分史。
人と動物の関係を問い直す、大宅賞作家渾身の書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 狂犬病の実態に慄く。発症したら100%死に至るとか知らなかった。
    しかしコロナのせいで新規にペット飼う人増えて、今まで飼っていたペットを棄てる人も増えたのは、事実だろうなあと思うけど理解できない。犬を棄てるくらいなら旦那棄てるわ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和43(1968)年、長野市生まれ。ノンフィクション作家。明治薬科大学在学中の平成4(1992)年、『毒蛇』(TBSブリタニカ・文春文庫)で第1回開高健賞奨励賞を受賞。平成11(1999)年、『朱鷺の遺言』(中央公論社・中公文庫)で、第30回大宅壮一ノン

「2010年 『ひめゆり 沖縄からのメッセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林照幸の作品

犬と猫 ペットたちの昭和・平成・令和を本棚に登録しているひと

ツイートする
×