ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語

  • 毎日新聞出版
3.72
  • (10)
  • (14)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 421
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326658

作品紹介・あらすじ

究極のステイホーム文学集、誕生!
『絶望名言』『絶望図書館』の名ガイドがおくる、「部屋から出られない人々」のためのアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 13年間のひきこもり経験のある著者の選ぶ「部屋から出られない人のための」アンソロジー。私はひきこもるタイプではないけど、今までにない視点で物語を読むことができて、とっても満足です。

    引き篭もり止めたら、こんな楽しいことがあるよ、というような物語は12のうちひとつもありません。引き篭もるとこんな新しい発見があるよ、という話がほとんどです。ひきこもり部外者には、ひきこもりたちの声にならない声の代弁を聴いた気になります。朔太郎やカフカや星新一やポーや萩尾望都が、代弁をやってくれている。

    私としては、岡山在住の日本民話の会会長立石憲利さんが採取した「鬼退治に行かない桃太郎」がお気に入り。完全岡山弁で、みんな意味わからんところもあるじゃろうけど、とっても身近じゃった。
    萩尾望都の「スローダウン」(1985.1発表)。一度読んだはずなのに、ひきこもり漫画として紹介されると、おゝそういう見方もあるのか!と発見。その見方から見ても物凄く秀逸な作品なんだとビックリしました。五感全ての感覚を遮断した部屋で暫く過ごさせる実験。それをやると、「現実感覚」が変化していく、と頭木さんは言います。そういう時にふっと現れた「人の手」が特別なものになるという。頭木さんは、「どうしてあの感覚がわかるのか」「天才恐るべし」と書いています。「一度きりの大泉の話」を読んだ今、なんとなくわかる気がするのです。

    「小説を読んで、心に残るフレーズがひとつでもあれば、それはもう読む価値はあった」と頭木さんはいいます。大きく肯首します。アンソロジーというものは、それを手助けする格好の方法だろう、と思います。頭木さんが多くのアンソロジーを編んでいるのはそういうことなのでしょう。

    本書は、ひきこもりの方も読めるように、本と電子版同時発行だそうです。

  • 自らも13年間ひきこもりだったという頭木弘樹さんが編集したひきこもりがテーマの世界初かもしれないアンソロジー。

    全部面白かったです。

    萩原朔太郎の『死なない蛸』は水族館の水槽の中で誰からも存在を忘れ去られた蛸を描いた散文詩。
    そして頭木さんといったら忘れちゃならないカフカのひきこもりに関する名言集。カフカ自身はひきこもり状態にはならなかったようだが、ひきこもりチックな願望が見て取れる。
    岡山県の方言が珍しい’鬼退治に行かない’『桃太郎』。『桃太郎』はいろんなバージョンがあるらしい。
    星新一の『凍った時間』。高度なサイボーグであるムント。自分の姿が嫌で人々の視線を避け、ひきこもっていたがーーー。さすがのキレ。
    ポーの『赤い死の仮面』。疫病に侵された世界から逃げるように城に閉じこもった城主と千の人々。ケレン味がある。
    SFコメディの梶尾真治『フランケンシュタインの方程式』。宇宙船の中、酸素は一人分。乗員は二名。
    再度登場の萩原朔太郎のエッセイ『病床生活からの一発見』。朔太郎版・病気になってから気づいたこと。
    大正時代のニートが主人公の『屋根裏の法学士』宇野浩二。
    日本でも人気の韓国作家ハン・ガン『私の女の実』。これはこのアンソロジーが初訳だそう。訳者は斎藤真理子さん。妻の体に表れた緑の痣。その痣はどんどん大きくなりーーー。
    安部公房が褒めていたというロバート・シェクリイの『静かな水のほとりで』。宇宙の果てのある男とロボットと‘マーサ’の話。
    萩尾望都の漫画『スロー・ダウン』。青年は実験に参加している。何もない部屋でずっと過ごすという実験をーーー。
    番外編にひきこもらなかったせいでひどいめにあう話。これは『雨月物語』から一編。
    ラストはあとがきと作品解説。

    頭木さんの選書センスに参りました。
    各作品前の頭木さんの前口上も上手く、その作品にスウッっと入って行ける。

    ひきこもったことのある方には共感を、そうでないかたには発見を届けてくれる、かもしれない。

    • smaphiroさん
      5552さん、お久しぶりです!

      そして、『アバウト・ア・ボーイ』へのコメント有難うございます。
      ホント、心温まる作品ですよね♪
      ウィルがマ...
      5552さん、お久しぶりです!

      そして、『アバウト・ア・ボーイ』へのコメント有難うございます。
      ホント、心温まる作品ですよね♪
      ウィルがマーカスと舞台で歌っている姿に涙が出ました。歳を取ると涙もろくなって困ります。

      それから 情報、有難うございます。
      ニコラス・ホルト、検索してみますね!
      2021/04/10
  • 5552さんのレビューから読みたくて。頭木さんの優しい言葉に引き寄せられ味見をしてるような気分になるアンソロジー。梶尾真治、ロバート・シェクリイが面白くてもっと知りたくなった。宇野浩二が乱歩の屋根裏につながるというあとがきも楽しい。

    • 5552さん
      111108さん、はじめまして

      レビューに私のハンドルネームがあって、ドキリとしました。
      読んでくださり嬉しいです。(私が作った本じ...
      111108さん、はじめまして

      レビューに私のハンドルネームがあって、ドキリとしました。
      読んでくださり嬉しいです。(私が作った本じゃありませんが)
      アンソロジーってお得感ありますよね。
      頭木さん編著の前2作『絶望図書館』と『トラウマ文学館』も、機会がありましたらどうぞ!
      2021/04/12
    • 111108さん
      5552さん、はじめまして。そしてコメントありがとうございます!

      5552さんのレビューに心動かされて読んだので勝手にハンドルネームのせち...
      5552さん、はじめまして。そしてコメントありがとうございます!

      5552さんのレビューに心動かされて読んだので勝手にハンドルネームのせちゃいました。

      アンソロジーは食わず嫌い無くすのにいいですよね。頭木さんの2冊、ぜひこれから読みたいです。
      2021/04/13
  • 「絶望名人カフカ」頭木ブログ
    https://ameblo.jp/kafka-kashiragi/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

    ひきこもり図書館 頭木弘樹(著/文) - 毎日新聞出版 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784620326658

  • 「ひきこもる」をテーマにしたアンソロジー。小説、エッセイ、漫画。洋の東西、時代も様々。ひきこもらざるを得ない昨今、読んでみた。小説は、SFというかショートショート的なものが多かった。引きこもって一人で読むと、ちょっと怖いかも。

  • ひきこもりがテーマに編まれた12の物語。「凍った時間」はさすが星新一、久しぶりに読んだけど鋭い所を最後にえぐってくる所が気持ちよかった。「フランケンシュタインの方程式」はずっと気になってた疑問が最後に(笑)ハン・ガンの「私の女の実」は知ってると思ったら「菜食主義」のあとがきで読んでたからだった…ただ悲しいとか腹立たしいで終わらないのは最後の夫の行動なのかな。「静かな水のほとりで」がとても気に入ったのに、絶版が多いとの事で残念すぎる。何処かで探したいものです。新しい出会いがたくさん生まれた素敵な本でした。

  • 頭木弘樹さん編の短編集。切り口がさえていて、とてもおもしろく読んだ。
    ウロボロスを超えた?萩原朔太郎「死なない蛸」怖。
    カフカ「ひきこもり名言集」ここまでひきこもりで、結婚を考える恋人がいたっていうのがある意味すごいよ、カフカ。
    三年寝太郎のような「桃太郎」立石憲利 こんなバージョンあるんだねえ。おもしろい。
    星新一「凍った時間」は初めて読んだ。それとも忘れてたのか? 世界を救ったのにせつない。
    ポーの「赤い死の仮面」は、コロナの状況下で読むと、慄然となる。翻訳も抜群の冴え。
    梶尾真治「フランケンシュタインの方程式」は、「冷たい方程式」の笑える悲惨版。
    宇野浩二「屋根裏の法学士」はまさにひきこもりニートの話でたいへん身につまされる。
    ハン・ガン「私の女の実」植物になる話って、ほかにも読んだことある気がするけど、そのなかでも異常に生々しい。
    シェクリイ「静かな水のほとりで」小惑星でロボットと「ふたり」淡々と日々を送る人の話。ロボットに少しずつ言葉をおしえて、少しずつ会話が成立していき、でもやがて人は老い、ロボットも老朽化し……。しんとした美しさがしみて涙した。これがいちばん好きだったかな。
    萩尾望都「スロー・ダウン」感覚遮断実験の話。すべての感覚を遮断したとき人はどうなるのかという話をとてもリアルに。
    上田秋成「吉備津の釜」これも読んだことがあるような気がするけど思いだせない。こわー。髪だけってのが生々しくておそろしい。

    巻末の頭木さんの解説もよいです。

  • 引きこもり経験者の編者が引きこもりをテーマに編んだアンソロ。12編。
    普段はなかなか読まないタイプの話が読めるのが楽しいよね。
    おもしろかったのは「凍った時間」と「フランケンシュタインの方程式」かな。
    星新一先生の「凍った時間」は星新一らしさ全開で好き。ラストの報われない感じもいい。
    「フランケンシュタインの方程式」はバカミスならぬバカSF(そんなのないかな)でものすっごく軽くて読みやすい。もうね、酸素ボンベが味噌になっていた時点で笑っちゃった。笑いごとじゃないけど。
    でも、印象に残ったのは「私の女の実」この話、すっごい印象に残る。読んでいるときもイライラするし、読後感もよくないんだけど、なんかいつまでも棘が刺さっている感じ。
    再読していいなぁっと思ったのは「静かな水のほとりで」かな。自分の生活スペースに名前つけて、ロボットにも名前つけて、三人(?)でのんびり過ごす毎日。うん。なんか、主人公はきっと最後まで幸せだったんじゃないかなぁと思う。

  • この編者のアンソロジーならまた読んでみたいと思った。編者自身の文体も文学的で心地よい。
    紹介されていたハン・ガンが気になった。他の著書も読んでみたい。
    アンソロジーって、あまり手に取った事が無かったけれど、自分なら辿り着かないであろう作家の本を知る事ができて面白いものだな。

  • 編者の頭木さんのアンソロジーは小説だけではなく詩や漫画が入っていてジャンルレスなところが好き。
    今回の「ひきこもり」アンソロジーには、なんと私の大好きな詩人萩原朔太郎の作品が二つも入っている!(詩と随筆) うれしい。
    「死なない蛸」は子供のころに読んで強烈な印象を残した名詩。筑摩書房の『変身ものがたり』というアンソロジーにも収録されているし、いろいろな見方ができそう。自分は幻想実を味わいつつも、閉じ込められ忘れられたものの恨みは永久に滅びない……という教訓的な読み方をしていた。

    知らない作品の中で印象的だったのは
    ロバート・シェイクリイ「静かな水のほとりで」
    梶尾真治「フランケンシュタインの方程式」
    どちらもSFだけど、味わいはかなり違う。上は静謐で下はドタバタ。
    しんみりするのは上。
    人間の勝手さにひどいなぁ、となるのが下。

    なんだか、この感じわかる、となったのは
    ハン・ガン「私の女の実」
    現実的な希望を叶え得なかった女性が人外のものへ変わっていく、といっても恐怖的小説なイメージではなく、もっと静かな……という像は私の頭の中にもあって、ああ、ここに具体化された作品があった、という気持ち。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1976年『ポーの一族』『11人いる!』で小学館漫画賞、2006年『バルバラ異界』で日本SF大賞、2012年に少女漫画家として初の紫綬褒章、2017年朝日賞など受賞歴多数。

「2021年 『花歌舞伎徒然草 はなのかぶきよもやまばなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩尾望都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾まいこ
宇佐見りん
ロビン・スローン
辻村 深月
南陀楼 綾繁
有効な右矢印 無効な右矢印

ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語を本棚に登録しているひと

ツイートする
×