無垢の歌

  • 毎日新聞出版
2.57
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 64
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326665

作品紹介・あらすじ

最強の本読み父娘がおくる〈ことばの薬〉。初邦訳から90年、名著が新たな輝きとともによみがえる! 
こころを癒やす愛の詩集。解説・池澤夏樹。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 注目新刊:池澤春奈・池澤夏樹両氏によるブレイク『無垢の歌』の新訳、ほか : ウラゲツ☆ブログ
    https://urag.exblog.jp/240871089/

    池澤春菜×池澤夏樹 「父娘で読む、ウィリアム・ブレイクと『無垢の歌』」 『無垢の歌』(毎日新聞出版)刊行記念 | 2021年3月26日(金) 20:00~22:00 | オンラインイベント - SFWJ:イベント案内
    https://sfwj.jp/events/20210303145036.html

    無垢の歌 ウィリアム ・ブレイク(著/文) - 毎日新聞出版 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784620326665

  • どうしようもない本を作ったものだ。
    ネットでみると池澤夏樹と春菜の親子で翻訳しました、っていうのが売りみたいに書いてあった時点でいやな予感がしていたんだけど、詩のあとにいちいち「N」とか「H」とかイニシャルが書いてある。交換日記かよ!と思った。
    さらにひとつひとつの詩のあとに解説みたいなのがついていて、その中には「ぼくの小説の一節」なんて、自作の小説の引用なんかもついている。
    ぼくが読みたかったのはウィリアム・ブレイクなのに、彼の姿は影も形もなくなっていて、池澤親子の自己満足が印刷されたみたいになっている。ゴミ箱に投げ込もうかと思ったが、図書館で借りた本なのでそっと返す。こんなことをやっているから本が売れなくなるんじゃないかと思ってしまう。

  • 版画もブレイクの作
    printer 摺師という意味か
    日本で無垢といえば宮沢賢治

全4件中 1 - 4件を表示

ウィリアム・ブレイクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チョン・イヒョン
シモーヌ・ド・ボ...
エンリーケ・ビラ...
ジョン・マーズデ...
ドナテッラ・ディ...
マシュー シャー...
池澤 夏樹
チョ ナムジュ
ジョン・コナリー
凪良 ゆう
クラリッセ・リス...
チョ・ナムジュ
ジュリア フィリ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×