わたしの、本のある日々

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.31
  • (6)
  • (12)
  • (27)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 329
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326672

作品紹介・あらすじ

人気女優が軽やかに語る笑いと発見の日々。
「サンデー毎日」好評連載がついに書籍化!
「本のある暮らし」をつづった読書エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プレゼント:小林 聡美著「わたしの、本のある日々」をプレゼント | 毎日新聞「トクトクプレミア」
    https://mainichi.jp/premier/tokutoku/articles/20210330/tk2/00m/100/001000d

    小林聡美 わたしの、本のある日々に隠されたヒミツ○|幸せ発電所→清く正しく美しく○芸能界に愛をこめて//読書に魂をこめて|note
    https://note.com/be_0421/n/n00aaf72c2950

    わたしの、本のある日々 小林聡美(著/文) - 毎日新聞出版 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784620326672

  • 小林聡美さんは映画『かもめ食堂』で演じていた主人公サチエとイメージがかぶる。本書はそんな小林聡美さんによる本の紹介。かもめ食堂はフィンランドののんびりした雰囲気もあいまってとても癒されてる好きな映画だが、小林聡美さんの書く文章にも落ち着いた雰囲気がにじみ出ていて、読んでいてとても心地良かった。紹介されていた本は少しだけフィンランド関連のものが多め。小林さんにとってもあの映画は特別なものなのかもしれないなと思った。紹介されていたいくつかの興味ある本をこれから読んでいきたい。

  • 小林聡美という女優さんが好きだ
    本は初めて読んだ
    ちょっと期待しすぎたかな
    でも、読みたい本が次々出てくるのでメモが忙しかったよ

    さあ今からこの本読もう
    お菓子とお茶とそばに猫
    うんんもう最高!

    本のセレクトが楽しかった
    ありがとう

    ≪ ワクワクと ページを開く この時間 ≫

  • 新聞連載の書評エッセイ。
    聡美さんらしい力の抜けた文章にホッ。
    [図書館·初読·4月10日読了]

  • 私が読む、小林聡美さんの5冊目。
    本書は残念ながらいまひとつ。

  • ブクログのアカウント名をこんな名前にしていると言うのに、小林聡美さんがいくつも本を出していると言うのを初めて知った。

    サンデー毎日掲載のエッセーをまとめた本書は、小林聡美さんが読んだ本についてあれこれ語るというもの。

    まえがきの、「コーヒーと鳩サブレーとこれから読もうとしている本…ちょっとワクワクする時間だ。」というとこらを読んで、これは確かにワクワクする状況!と共感し、続きを読みたくなって購入。

    あまり分厚い本と思っていなかったけど、結構読み応えがあった。ひとつひとつの話を、ゆっくり味わいながら読みたい感じ。

    単なる書評ではなく、小林聡美さんの暮らしの話が結構多く、本当に読書のある暮らしという感じだった。

    大学に入学し、レポートで富士ポップ体を使ったと言うエピソードには笑った。笑 ほかにも随所でクスッとするところがあって面白かった。

    気になる本がいくつかあったので、また読んでみたいし、小林聡美さんの他の本も読んでみたい。

    ・コーヒーと小説
    ・マイ仏教
    ・猫的感覚
    ・猫は、うれしかったことしか覚えていない
    ・成熟脳
    ・科学のミカタ
    ・公衆サウナの国フィンランド
    ・ぼくの鳥あげる
    ・猫脳がわかる!
    ・フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
    ・女の俳句
    ・肉とすっぽん
    ・猫のほそ道
    ・ふたつの夏
    ・おひとりさまvsひとりの哲学
    ・本を読めなくなった人のための読書論
    ・佐野洋子の動物ものがたり
    ・フィンランド語は猫の言葉
    ・悲しみの秘儀
    ・大阪弁ちゃらんぽらん
    ・スモールハウス
    ・切なくそして幸せな、タピオカの夢
    ・カモメの日の読書
    ・人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか

  • 鳩サブレと読書。本の話から小林聡美さんの日常が垣間見える。がっつり本の話ってわけじゃないこのゆるさが小林さんにはちょうどいい。生活も仕事も勉強も旅もひとりの時間も仲間との時間も、等身大で楽しんでいそうな雰囲気が素敵だなと思う。

  • 40過ぎて私も俳句に興味がでてきました。

  • 小林聡美さんの文章が好きです。
    芯があるのにゆるい感じ。
    俳句とか興味がない分野の書評もあったけれど、日常のこととともに綴られていたので楽しく読めました。

  • 外に出られなかった2020年
    本を読んでのエッセイではあるけれど
    あの時の感じが分かる
    雑誌連載というのもそうかもしれない
    みんなが大変だったあの時
    自分も本を読んで過ごしていたので
    彼女に親近感です

    選書は猫と俳句関連本が多い
    自分にないセレクトもあるけど
    それはそれで(^^)楽しく読めました

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小林聡美

一九六五年東京都生まれ。女優。八二年、映画「転校生」で初主演。その後、ドラマ「やっぱり猫が好き」などで活躍。主な出演作にドラマ「すいか」「パンとスープとネコ日和」「山のトムさん」「ペンションメッツァ」、映画「かもめ食堂」「めがね」「プール」「マザー・ウォーター」「東京オアシス」「紙の月」などがある。主な著書に『ワタシは最高にツイている』『アロハ魂』『散歩』『聡乃学習』など。

「2021年 『ていだん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林聡美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×