コロナ時代のパンセ 戦争法からパンデミックまで7年間の思考

著者 :
  • 毎日新聞出版
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326832

作品紹介・あらすじ

コロナ時代に入って変貌する世界を、日常の喪失、貧困の露出、統制の強化など、人倫の深みからの観点で描き尽くす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初読。図書館。辺見さんが今なお書き続けていることが最後の砦のような気持ちになるが、それに頼っている自分が情けなく思え、流されていく自分が恥ずかしくなる。

  • 20年以上前から追いかけている辺見庸さんの新刊。
    安保法制(いわゆる「戦争法」)から、新型コロナウイルスのパンデミックまで、7年間の論考をまとめたのが本書です。
    結論からいうと「辺見さんも老いたな」という印象を持ちました。
    政権批判の舌鋒は、もっと鋭かった気がします。
    その代わり、諦念が前面にせり出してきた感があります。
    「気がつけば、五体満足な友人などもうだれもいない。みんな、重かれ軽かれ、どこかしら病んでいる。たとえ本人がまだ病に伏していないまでも、両親ふたりとも、またはそのどちらか、子ども、義父か義母、兄弟姉妹、甥か姪……が、心身のいずれかをわずらっている。」
    リアルで痛切な感懐に、胸が締め付けられます。
    辺見さんといえば、共同通信記者出身で、その後、芥川賞を受賞するという輝かしい経歴を持っています。
    その鋭い「嗅覚」には、いつも脱帽します。
    その代表的な例ともいえるのが、「東日本大震災」を予言した次の文章です。
    掲載された媒体は、2011年3月中旬発行の「朝日ジャーナル」ですが、原稿締め切りは2月末前後でした。
    「憲法9条は改定されるだろう。キミガヨはいつまでもうたわれるだろう。貧しい者はよりひどく貧しく、富める者はよりいっそうゆたかになるだろう。すさまじい大地震がくるだろう。それをビジネスチャンスとねらっている者らはすでにいる。……階級矛盾はどんどん拡大するのに、階級闘争は爆発的力をもたないだろう。……テクノロジーはまだまだ発展し、言語と思想はどんどん幼稚になっていくであろう。ひじょうに大きな原発事故があるだろう。……戦時下でも、核爆発があっても、ワールドカップ・サッカーとオリンピックはつづけられ、もりあがるだろう」
    震災や原発事故だけではない。
    それ以外のことも、全て的中しているではありませんか。
    あらためてその眼力の鋭さに敬服する思いです。
    人間とはなんであり、果たして、なんであるべきなのか?
    それが本書の一番の問いです。
    老境に達した辺見さんは、自らに切っ先を向けつつ、執拗に自問します。
    ありきたりな答えを出すほど、辺見さんは野暮ではありません。
    コロナ禍の今、あらためて一人ひとりの胸に問うていい問いのような気がします。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年宮城県石巻市生まれ。早稲田大学文学部卒。70年、共同通信社入社。北京特派員、ハノイ支局長、編集委員などを経て96年、退社。この間、78年、中国報道で日本新聞協会賞、91年、『自動起床装置』で芥川賞、94年、『もの食う人びと』で講談社ノンフィクション賞受賞。2011年『生首』で中原中也賞、翌年『眼の海』で高見順賞、16年『増補版1★9★3★7』で城山三郎賞を受賞。

「2021年 『月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辺見庸の作品

ツイートする
×