佐藤優の裏読み! 国際関係論

著者 :
  • 毎日新聞出版
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620326917

作品紹介・あらすじ

元外務省調査官・佐藤優による、ビジネスパーソンのための世界情勢入門。
バイデンのアメリカ、台頭する中国、そしてロシア…アフターコロナ時代を徹底解説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 佐藤優さんのこの手の本はいつも本当に面白い。
    その理由のひとつとして、佐藤優さんに3つのアイデンティティーがあるからかも。
    元外交官としてのアイデンティティー。
    キリスト教徒としてのアイデンティティー。
    沖縄人としてのアイデンティティー。

    さて、コロナ禍が世界にもたらした変化は二つ、
    グローバリゼーションに歯止めがかかったことと
    格差の拡大であると、佐藤さんは言います。

    トランプからバイデンにかわったこと。
    アメリカとミャンマー、アフガニスタン。
    イスラエルパレスティナ問題。
    プーチンとナワリヌイ氏。
    オリンピック問題に見る日本の状況。

    TVを見ているだけではわからないことが
    佐藤優さんの解説でよく見えてきます。

  • 日米や中国、ロシアなど国際関係について佐藤さんの見方はいつも面白い。
    地政学はからっきしの私にとって、佐藤さんの本を読みまくって最近ようやく、うっすらと輪郭がわかってにた感覚になってにた。

    地球温暖化は全ての国が賛成しているわけではないとはなんとなく思っていたけれど、ロシアは凍土が溶けるからむしろ温暖化を歓迎していると、聞いて目から鱗だった。
    よく考えたら当たり前なのだけれど、そんなことにも気づかないくらい、SDGsが正しいと無批判に受け入れてしまっていたことにも気付かされた。

    そういう意味で、さまざまな立場に立って物事を見る癖が真に大切なのだと改めて勉強になった。

  • 日ごろ観ている世界情勢のニュースをより関心をもって見ることができるようになる一冊。軍事や、宗教観について見方が変わりました。
    大変勉強になりました。

  • 前半が白眉。リアルタイムの状況分析として説得力十分。菅政権は外交的に相当良く、したたかに立ち回っているという。また、台湾問題、ミャンマー問題もこう見るのか、という視点の紹介はいつも刺激的。

  • 足元の国際情勢に関する見解を手際よくまとめている。インテリジェンスのプロとして見解は国際情勢を理解する上で役に立つ。読者の著者への期待を平均的に満たしている。

  • 佐藤優さんの最近の国際情勢解説。やや左寄りなのは投獄のせいかと思いました。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、2009年最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2005年に発表した『国家の罠』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。『自壊する帝国』(新潮社、2006年)で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『獄中記』(岩波書店)、『私のマルクス』(文藝春秋)、『人に強くなる極意』(青春出版社)など著書多数。

「2022年 『国家と資本主義 支配の構造』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×