ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く (Mainichi Business Books)

著者 : 藤原章生
  • 毎日新聞社 (2010年8月31日発売)
3.30
  • (3)
  • (10)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620530246

作品紹介

「最後の楽園」を襲った財政危機。国民の「怒りの深層」とは…。

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く (Mainichi Business Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イギリスのギリシャ脱退を受けて、そう言えば発端はギリシャ破綻くらいからだっけと思って読んだ一冊。
    元々のギリシャという国の成り立ちがいびつでそこの知識が欲しかったけど、どっちかというと今のギリシャ国民、そして国がどういうスタンスで運営されているかを説明したルポ。ちょっと外した感じ。

  • ギリシャで起こった経済危機を、現地の人々やヨーロッパの他の国の人々からの聞き取り調査を中心に描く。信用できる情報をもとに書かれているから面白い。

  • ギリシャ危機の真実を、学者から庶民まで、複数のギリシャ人に取材しながら、これまでの歴史の経緯を踏まえて、簡潔に記した良書。

    段落も多く、さらっと読めてしまう本ですが、引用をたくさんしたくなるほどの充実した中身で、ギリシャ危機の真相を知りたい人には必須の書だと思います。

    中でも興味深いのは、ギリシャは、各種統計に関する国家としてのガバナンスがほとんど働いていないこと。つまり、ギリシャから出てくる統計数字は、全く当てにならないということ。

    ウソの数字を作って、EUにも加盟してしまったほどの国です。つまり見た目真っ当な先進国に見えるギリシャも、中味は発展途上国と大して変わらない、悪い意味でのいい加減な国。

    私の思う先進国と発展途上国に違いは、第一に衣食足りているかどうか、そして第二に国家・民間の双方とも、その社会においてガバナンスが真っ当に働いているかどうか、だと思う。

    闇経済がはびこる、統計数字は信用できない、コネ社会、賄賂社会で、個人の能力・実績とその報酬・対価が比例していない、といった状況の国家は、ガバナンスが働いていない、つまり、先進国ではないということ。

    ギリシャはそんな国で、やはりEUに加盟させること自体、時期尚早だったと思わざるを得ません。

  • kindleで読んだ。現地取材で現場の声が伝わってくるルポ。

  • そういえばギリシャの近代史ってよく知らないな。

  • 1000円だったら星三つ。電子書籍でエラく安かったので、それだったら十分面白かった。

  • 今巷で話題のヨーロッパ債務危機問題の中心国、ギリシャでの危機についてルポです。

    日本や米国、更にはドイツやフランスといった外側からみたギリシャ危機ではなく、ギリシャ現地から見て感じてそして考えたレポートでした。

    過剰な公務員、過剰な国の借金、過剰な年金支給、更には世襲政治がもたらす弊害等、様々な問題を浮き彫りにしてくれていて、興味深く読めましたし、ギリシャ人気質なんかにも触れられていて、思わず笑ってしまうような話もありました。

    先日紹介した「ソブリン・クライシス」に比べるとかなりカジュアルな感じですし、分量も新書で140ページ程しかないので、2、3時間もあれば読み切れる手軽さ。

    ギリシャ危機についての良い入門書ではないかと思いました。

  • ギリシャのデモは文化です。

  • タイトルにひかれて読んでみた。

    自分で感じていたギリシャの雰囲気が、
    言葉になった感じで分かり易かった。

    ギリシャ人から見ると、イタリア人ですら勤勉とは…。

    何より作者が北大工学部卒と言うところに驚いた。
    鉱山技師→毎日新聞記者。どんな経歴やねん(笑)。

  • ギリシャ危機は歴史的なものと国民性だったのか。
    というのがよくわかる。

全15件中 1 - 10件を表示

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く (Mainichi Business Books)のその他の作品

藤原章生の作品

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く (Mainichi Business Books)はこんな本です

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く (Mainichi Business Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする