京の名邸宅 (数寄屋邸宅集成)

  • 毎日新聞社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784620604756

作品紹介・あらすじ

緑豊かな南禅寺周辺と高瀬川畔の、粋で瀟酒な「京風数寄屋」を代表する四邸。明治から昭和戦前という、美材に恵まれ、伝統の大工技術が頂点に達していた時代に建築された、広大にして風雅な名邸宅を厳選収録。掲載写真はすべて本全集のための特別撮影。建物全体から引手、釘隠しといった細部にいたるまで、統一された視点と色調で、みやすくきれいなカラーページ。収録邸の平面図はもちろん、展開図、断面図、部分詳細図など、実測図面も充実。使用材種もできるだけ記入。和風建築の泰斗・中村昌生博士による解説付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本家屋の資料。
    日本史ジャンルではすごく役に立つ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1927年、愛知県生まれ。京都大学助手、京都工芸繊維大学工芸学部教授を経て、同大学名誉教授、福井工業大学名誉教授。工学博士(京都大学)。
多年にわたり研究と創作を通じ、一貫して茶室・和風建築の伝統を追求。伝統建築技術の継承のため、1980年に京都伝統建築技術協会を同志と設立、1990年より同会理事長をつとめる。その他、桂離宮修理懇談会委員、文化財審議会専門委員、京都迎賓館懇談会委員、茶の湯文化学会会長などをつとめる。
日本建築学会賞、日本芸術院賞、京都府文化賞特別功労賞、圓山記念文化賞、アカデミア賞などを受賞。京都市文化功労者。著書に『茶匠と建築』、『茶室の研究』、『京の町家』、『数寄屋建築資料集成』、『茶苑の意匠』、『近代数寄屋邸宅集成』、『数寄の意匠』、『日本の匠』、『数寄屋と五十年』ほか。
作品に新宿御苑楽羽亭(東京都新宿区)、山寺芭蕉記念館(山形市)、出羽遊心館(山形県酒田市)、兼六園時雨亭(石川県金沢市)など。

「2018年 『茶室露地大事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村昌生の作品

京の名邸宅 (数寄屋邸宅集成)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする