環境経済学への招待 (丸善ライブラリー)

著者 :
  • 丸善
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621070383

作品紹介・あらすじ

二〇世紀、人々は経済に至上の価値をおき、成長こそが貧困をなくし豊かさを実現するものだと、懸命の努力を行ってきた。しかし、豊かさを目指して為されたはずの活動が、地球温暖化、廃棄物等の深刻な環境問題を引き起こし、人間の生存を脅かすようになっている。この状況を打開し、持続的な発展を可能にしていくためには、社会の意識や仕組みを"自然と人間の共生"という考え方に基づいて、変えていかなければならない。環境と経済の間で生じる諸問題を分析し、共生への新たなルールづくりを目指すのが、環境経済学の課題である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都大学名誉教授。日本における環境経済学の草分け的存在。専門は環境経済学、財政学。政策分野でも、震災復興構想会議検討部会委員、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員などを歴任。
著書に『緑のエネルギー原論』(岩波書店、2013年)、『環境経済学への招待』(丸善、1998年)、『環境経済学』(岩波書店、1996年)、『廃棄物とリサイクルの経済学――大量廃棄社会は変えられるか』(有斐閣、1992年)、訳書に『国連大学 包括的「富」報告書』(明石書店、2014年、山口臨太郎との共訳)等。

「2018年 『グローバル環境ガバナンス事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植田和弘の作品

ツイートする
×