現代社会の倫理を考える〈17〉宗教の倫理学 (現代社会の倫理を考える (17))

  • 丸善
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621073391

作品紹介・あらすじ

「生活の領域ごとで起こっている倫理問題を現代の目で整理し、当面、有効な指針を明確にする」-本書ではこのような視点から、現代の四つの倫理問題として「生と死」「性」「所有と貧困」「環境」を取り上げ、三つの世界宗教:キリスト教、イスラーム教、仏教のそれぞれが、これらの倫理問題について、どのように考えているかを教典にまでさかのぼり、歴史を踏まえて議論していく。現代の「倫理問題」にどのような「有効な指針」を与え得るかを批判的に問い、何某かの展望を開くためのヒントを提示する書。

関根清三の作品

現代社会の倫理を考える〈17〉宗教の倫理学 (現代社会の倫理を考える (17))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×