旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント

  • 丸善出版
4.17
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621089279

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母の言動に異変を感じてしばらくは
    訳もわからずただただ苦しかったが
    日が経つにつれて
    これは母(や父)との新しい関係のはじまりだ、
    と思うようになった。

    幼いころから母とはどうも相性が悪かったが
    とりあえずそうした感情は棚上げし
    母を混乱させない・不安にさせないことを
    最優先にしようと思った。

    *****

    本書は認知症となった後の生活を「旅」になぞらえ
    当事者本人・家族友人・その他の人々にむけて
    「新しい旅」をよりよく生きるための40のヒントを
    平易なことばで記している。
    シンプルでおだやかであたたかな1冊。

    認知症にかかわる人びとが
    本書からひとつでもふたつでも
    心に響くヒントを見つけることができ
    5%でも1%でも
    苦しい気持ちを軽くすることができるといいな、と思う。

    *****

    私は両親と旅をする機会を与えられた。
    どうせなら道行きを楽しもうじゃないか。

  • 新しい人生の旅に出る。
    認知症のとこを普通に話せる社会にしていきたい。
    まずは自分にできることから始めよう

  • 介護職として認知症当事者や家族の立場で書かれた本を読もうと思っても何が良いのか決められない。そんな中、新聞の書評で取り上げられていたのが本書でした。
    読者に寄り添うような文章で、仕事に疲れた状態でも読み進めることができました。発症したばかりの方、若年性認知症の方が対象かなと感じましたが、重度の方の対応でも忘れずにいたい視点がいっぱいです。

  • 本人、家族が認知症になったときどうしたらよいかのhowto本。どちらかと言うと軽度認知障害向けかな。中度〜重度の場合でも応用できるとは思うが。絵本的で読みやすいのでとっつきやすいと思う。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

慶應義塾大学総合政策学部教授。
1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。専門は、創造実践学、パターン・ランゲージ、システム理論。株式会社クリエイティブシフト代表、および、パターン・ランゲージの国際学術機関 The Hillside Group 理事も兼務。2009 年にはマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員、2018年にはオレゴン大学カレッジ・オブ・デザイン Portland Urban Architecture Research Laboratory (PUARL) 客員研究員として研究に従事。著書に、『複雑系入門』(NTT 出版、1998 年)、『社会システム理論』(慶應義塾大学出版会、2011 年)、『パターン・ランゲージ』(慶應義塾大学出版会、2013 年)、『プレゼンテーション・ パターン』(慶應義塾大学出版会、2013 年:グッドデザイン賞受賞)、『旅のことば』(丸善出版、2015 年:オレンジアクト認知症フレンドリーアワード大賞、グッドデザイン賞受賞)、『プロジェクト・デザイン・パターン』(翔泳社、2016 年)、『対話のことば』(丸善出版、2018 年)、『おもてなしデザイン・パターン』(翔泳社、2019 年)等。

「2019年 『クリエイティブ・ラーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井庭崇の作品

旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒントを本棚に登録しているひと

ツイートする