むち打ち損傷ハンドブック 第3版: 頸椎捻挫,脳脊髄液減少症から慢性疼痛の治療

制作 : 遠藤 健司  鈴木 秀和 
  • 丸善出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621302385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北里大学医学図書館OPACへ
    https://saosrv.kitasato-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10152407

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京医科大学整形外科准教授。日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医。東京医科大学整形外科大学院修了後、米ロックフェラー大学、東京医科大学整形外科医長等を経て2018年より現職。
自身が肩こりに苦しんだ経験から、本書で紹介するメソッド「肩甲骨はがし」ストレッチ、「押し流し」マッサージなどを開発。この方法を肩こりなどに苦しむ多くの人に伝えるため、研究、診療の合間を縫って、書籍やメディアなどで情報発信を行っている。
著書(共著)に『本当は怖い肩こり』(祥伝社新書)がある。日本テレビ「世界一受けたい授業」、TBS「この差って何ですか?」などメディア出演多数。

「2020年 『肩・首・腰・頭 デスクワーカーの痛み全部とれる医師が教える最強メソッド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤健司の作品

むち打ち損傷ハンドブック 第3版: 頸椎捻挫,脳脊髄液減少症から慢性疼痛の治療を本棚に登録しているひと

ツイートする
×