ついに見えたブラックホール: 地球サイズの望遠鏡がつかんだ謎

著者 :
  • 丸善出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621305188

作品紹介・あらすじ

昨年春、天文の一大ニュース「ブラックホールシャドウの撮影成功」が世界を駆け巡った。1916年のブラックホールの予測から百年あまり、ついにブラックホールの存在が確認されたのだ。本書は、今回の発表に立ち会った人気天文学者:谷口教授による、その成果とこれからを楽しむための解説本。重力で時空をゆがめるブラックホール。そもそもどんな天体かといった基礎知識から、戦場で発見された歴史、今回の大きな役割を果たした地球サイズのイベントホライズン望遠鏡の取り組みや技術、さらには残された謎にいたるまでを軽快な口調で説明。近年の研究も織り交ぜ、ニュースのその先にも触れることができる。また、今後の発表が待たれる天体についても見どころを紹介。大発見の理由がわかるだけでなく、これからの天文ニュースも待ち遠しくなる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ついにその姿が捉えられたブラックホール。
    未知の世界への探求心がそそられる。

  • 【内容紹介】
    強い重力の効果で時空が歪み、光すら出てこられないブラックホール。それをシルエットとして観測することに成功したのがイベント・ホライズン望遠鏡である。各地の電波望遠鏡をつなぎ、地球サイズの電波望遠鏡が実現した。本書では、ブラックホールの理論的な発見からその種類、今回の成果について簡潔に解説。また、近年の研究も織り交ぜ、観測に貢献した技術や発表が待たれる天体とともに見どころを紹介。今後の天文ニュースが待ち遠しくなる一冊。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000939786

  • 請求記号 443.5/Ta 87

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

天文学者、放送大学教授

「2021年 『小さなことにあくせくしなくなる天文学講座』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷口義明の作品

ツイートする
×