光電子分光詳論: 基礎から学ぶ原子配列・電子構造イメージング

  • 丸善出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621305379

作品紹介・あらすじ

光電子分光法は原子構造や電子の状態を調べ、物性を明らかにするツールとして広く使われており、物性物理の理解と新規材料の開発の基盤となっている。真空技術の進展や、放射光をはじめとする新しい光源の開発が進んでおり、日進月歩の物質科学において、ますます重要性を増している手法である。一方で、解析においては今まで見ることができなかったデータが、現在では見えすぎるぐらいに見えているため、データ自体を目利きする必要がある。そのためには基本に立ち返ることが必要になる。
 本書はこれから本格的に光電子分光法を使い始める若手研究者や学生が、光電子分光法の基本を学び、本手法を用いた解析が自らの手で行えるようになることを目標に、丁寧な解説を行う。光電子が織りなす2次元放出角度分布は大変美しい.本書はその美しさを知り、活用するための手引きとなる.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 433.5/Ma 77

全1件中 1 - 1件を表示

大門寛の作品

光電子分光詳論: 基礎から学ぶ原子配列・電子構造イメージングを本棚に登録しているひと

ツイートする
×