ヒロシマ平和学を問う (叢書インテグラーレ 19)

著者 :
制作 : 広島大学総合科学部 
  • 丸善出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621305904

作品紹介・あらすじ

1945年8月6日、広島市に原爆が投下された。しかし、その一日のみで、一国単位で、「平和教育」という枠組みだけで、原爆投下を捉える必要はない。「ヒロシマ」と「平和」を問い直した先に、私たちは何を知り、何を考えるべきなのだろうか。本書では国民国家・総力戦体制、ナショナリズム、中央と地方の3つの視点から、ある時は東アジア史全体の中で、ある時は広島市の視点から、明治以降戦後の平和運動にいたる広島原爆投下/「ヒロシマの形成」の歴史を問い直していく。

著者プロフィール

水羽 信男(広島大学大学院総合科学研究科教授)

「2017年 『21世紀の東アジアと歴史問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水羽信男の作品

ツイートする
×