連接層の導来圏と代数幾何学 (現代数学シリーズ 第)

制作 : 中村 周  山田 澄生 
  • 丸善出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621305911

作品紹介・あらすじ

「代数多様体上の連接層のなすアーベル圏の導来圏は連接層の複体を対象として持つ三角圏」であるという概念が1960年代にグロタンディークにより導入されて以来,導来圏という概念は飛躍的に発展し,現在では代数幾何はもとより,数論幾何学などで有用な道具, 言語として活躍し大きな発展に寄与してきている.

本書はその代数多様体上の連接層がなす導来圏に関し、特に重要な発展と思われるトピックを選び,最新の諸研究結果までを概説.できる限りself-containedに、また本質を失わない程度に簡単な設定にした上で、各トピックについて核となるアイディアが現れるよう展開されている.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 411.8/U 36

全2件中 1 - 2件を表示

戸田幸伸の作品

連接層の導来圏と代数幾何学 (現代数学シリーズ 第)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×