診察日記で綴る あたしの外来診療

著者 :
  • 丸善出版
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784621306048

作品紹介・あらすじ

医師という職能の果てにある明察とdécadence

治らない患者.納得しない患者.もしかしたら病気がないかもしれない患者.そんな患者たちが訪れる場末の診療所には「あたし」というひとりの女性医師がいた.再診,再診,再診のくり返し.その日記に綴られた吐露には….鬼才・國松淳和医師が目論む「日記ノベル」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女医(この言葉、あたしも嫌いだけど)さんの外来診療日記。
    面白かった。。。

    いろんな患者さんがいるなーと、当たり前のことを思う。
    そりゃ、人間、一人として同じ人なんていないもんな。

    ところどころで、「あー、これを言うドクターいたなー」と感じるところが。
    検査で出なかったら「ない」と言い切った方。
    症状を伝えたら、「それは気のせい」と言い切った方。
    風邪=抗生物質の方。
    等々。。。
    そう思ったってことは、リアルに描かれているってことですね!
    あ、あたしも面倒臭い患者だな。。(笑)

    ちょっとびっくりだったのは、SSRIのキャパが広いこと。
    へえー。。これにも聞いちゃうんだ。。
    へえー。。って感じでした。

    面白かったです。

  • 深く、刺さるお話でした。

    すっきりとした展開、結論、ではなく、探り探り、試して、様子を見て、その時々の落としどころを見つけていく、その過程に引き込まれました。

    その人が、その症状を訴えることで伝えたいことは何か。医療現場に限らず、人と接する時に意識しておきたいポイントであると感じました。

  • 面白かった。駆け引きしながら、つながり続けていくことを大事にしている感じ。見捨てられない感じ。
    最後のあとがきもよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

國松 淳和(医療法人社団永生会南多摩病院総合内科・膠原病内科部長)

「2021年 『オニマツ現る! ぶった斬りダメ処方せん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

國松淳和の作品

ツイートする
×