戦中と戦後の間

著者 :
  • みすず書房
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (648ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622003915

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了まで3カ月、毎日数ページを無理せず読み切った。政治学に疎い私には咀嚼しきれぬ箇所が幾つもあった。それでも真の自由を求む真摯な想いは熱く強く伝わってきた。無名の者を愛し、弱き者を守り、歴史を踏み台に悲劇が再び起こらぬよう考えを絞りぬいて発言する。知性というもののあるべき本当の姿に触れることができた。ユーモアに富み、怒り悲しみ喜びを感情的に吐露する人間らしさにも魅了された。政治学の素養がなかろうと私には今まで生きてきた経験という土台がある。培われた勘を信じていいと、背中を押してもらえた貴重な3カ月だった。

  • obtnd

  • 読破できず。ばか。

全3件中 1 - 3件を表示

丸山眞男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
ジョージ・オーウ...
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

戦中と戦後の間はこんな本です

ツイートする