零度のエクリチュール

  • みすず書房
3.57
  • (8)
  • (9)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622004653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古書店にて200円(書き込み有り)。初ロラン・バルトに代表作というのは悪くない巡り合わせなのでは。序文で早くもフローベールやらマラルメやら出てきて否応なくテンションが上がる。ページにして100ページ弱、しかし〈文学〉に注がれるその透徹な眼差しと過不足なき記述は、構造主義の古典たる資格を有するに充分であり、著者をして〈調子も主題も違う〉が〈対象は同じ〉と言わしめた「記号学の原理」も、お堅い題名に反し、言語学の中から一般的射程を持つであろう概念を切り出すという、なかなか刺激的な内容となっている。

  • 読みやすい。こちらの方が頭に入る。

  • ロランバルトが読みたくて買ったんですが、おそらくこの人の書いた創作テキストみたいなほうが読みたかったんだと思ったので、途中までしか読んでません。←ある意味不勉強な話。基本なんだろうな〜…これな〜……

  • 作家には、同時代的な「言語」と、作家の気質と密接に関わっている「文体」と、作家による自由な言語の取り組みである「エクリチュール」があるらしい。
    レポートで読んで、山田詠美のエクリチュールについて書いてみた。

  • 読み終わってすぐ言うのもなんだが要・再読。

  • 大学の入学祝いに兄から貰った本。当時は、ロラン・バルトなんぞ読んで知識人ぶるのが流行っていたのだ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1915年、シェルブールに生まれる。1980年、パリにて没する。哲学者、記号学者、批評家。主な著作に、『零度のエクリチュール』(1953年。みすず書房、2008年)、『モードの体系』(1967年。みすず書房、1972年)、『S / Z』(1970年。みすず書房、1973年)、『ロラン・バルトによるロラン・バルト』(1975年。みすず書房、2018年)、『恋愛のディスクール・断章』(1977年。みすず書房、2020年)、『明るい部屋――写真についての覚書』(1980年。みすず書房、1985年)などがある。

「2021年 『恋愛のディスクール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロラン・バルトの作品

ツイートする
×