美術論集―アルチンボルドからポップ・アートまで

制作 : 沢崎 浩平 
  • みすず書房
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622004912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
選択した評価のレビューはありません。

著者プロフィール

フランスの批評家・思想家。1953 年に『零度のエクリチュール』を出版して以来、現代思想にかぎりない影響を与えつづけた。1975 年に彼自身が分類した位相によれば、(1)サルトル、マルクス、ブレヒトの読解をつうじて生まれた演劇論、『現代社会の神話』(2)ソシュールの読解をつうじて生まれた『記号学の原理』『モードの体系』(3)ソレルス、クリステヴァ、デリダ、ラカンの読解をつうじて生まれた『S/Z』『サド、フーリエ、ロヨラ』『記号の国』(4)ニーチェの読解をつうじて生まれた『テクストの快楽』『彼自身によるロラン・バルト』などの著作がある。そして『恋愛のディスクール・断章』『明るい部屋』を出版したが、その直後、1980 年2 月25 日に交通事故に遭い、3 月26 日に亡くなった。没後も、全集や講義ノート、日記などの刊行が相次いでいる。

「2018年 『声のきめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美術論集―アルチンボルドからポップ・アートまでのその他の作品

L'obvie et l'obtus : Essais critiques III ペーパーバック L'obvie et l'obtus : Essais critiques III ロラン・バルト
L'Obvie Et l'Obtus マスマーケット L'Obvie Et l'Obtus ロラン・バルト

ロラン・バルトの作品

ツイートする