デボラの世界―分裂病の少女

  • みすず書房
4.25
  • (8)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622023432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 分裂病(今は統合失調病?)の女の子の目線からみた世界。どうやって彼女が扱われ、良き理解者フリード博士と共闘し、社会復帰したかの話。
    障害ではなく病気なので、一見不可解な症状も彼女なりに筋があって、対する解決策もあるのだという事が分かった。


    2つの平行世界の衝突、爆発、敗北、打開とファンタジーのような感じ。突然謎の言語、声が降ってきて色彩と感覚を変える。前書きも説明もなく奇妙な物語が始まった、そういう人生。

    私達がこれをファンタジーっぽく感じるのも、自分の世界が一般的に「本物」で、デボラの世界が「異常」だと知っているから。確かに「まとも」な世の中は嘘と欺瞞で満ちている。そもそも分裂病になっちゃったのも「まとも」な世界では彼女の意思と他人の受け取り方が違っていたからだし。
    そう思うと、こんな主観的な世界を大方の人が何の疑問もなく常識的に生きられるのか不思議ですね

    もし今まで生きてきた世界が誤りで、新たに認識し構築し直さないといけないと知ったら、私もデボラみたいに苦しみ悩むのだろうなと思った。本当の「理解者」の重要さ。
    最近、知的障害者と精神病の人と接する機会があって、この本が親身に迫った。私も「自分には理解できない」人の、良き理解者になりたいものです。

    とりあえず否定しないとこから。

  • 読んでいて、デボラの症状が出るのはいつだろう、いつだろう、と思い続けて、最後まで彼女が重度の精神疾患者だってことが分かりませんでした。で、「ああ、こういうことか」と。
    端から見たら異常に思える言動も、本人目線だと私たちと全く変わらない人間なのだ、ということをすごく考えさせられました。

  • まるでル・ヴィンのファンタジーのような硬質な世界。
    手放しの愛情は理解という手綱をともなわないと相手を苦しめる毒にもなるということ。父親が博士に向かって釈明する台詞の、真実の響き、心からの愛情、盲目、無理解さに息がつまる。
    “「しかしわれわれがあの娘に与えた世界はちっともそんなに怖ろしい世界ではありませんでした」”

  • 原題は『I Never Promised You a Rose Garden』。Joanne Greenbergによる1964年発表作品。

  • リアル。

全6件中 1 - 6件を表示

ハナ・グリーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
高野 和明
エーリッヒ・フロ...
スザンナ ケイセ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×