夜と霧 新版

制作 : 池田 香代子 
  • みすず書房
4.23
  • (1317)
  • (818)
  • (560)
  • (48)
  • (11)
本棚登録 : 9294
レビュー : 1092
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622039709

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心理状況は三つの段階に変化する。第一は収容、第二は収容生活、第三は出所、解放。

    第一の収容によりショック状態になる。毎日周りで死人が出ると死を恐れなくなる。これは自己防衛のためだった。

    第二、収容生活に慣れると、感情が消滅する。周りの人が鞭うたれてもなんとも感じなくなる。だが収容生活を支えるのは離された家族を思う愛だった。家族を思い描くことでなんとか耐えられる。こうして内面が深まると、芸術や自然の美しさに接することが強烈な経験となった。沈む夕日は苦しい状況を忘れさせる圧倒的力を持った。収容所内で歌や詩の朗読、ギャク これらも現実を忘れさせた。

    収容所生活で人間の内面生活がいびつにゆがむのは、最終的には個々人の自由な決断いかんにかかわっていた。内的なよりどころを持たない精神的に脆弱な者が弱かった。未来に目的を持てたものが生き延びた。

    収容所であれほどの残虐行為がなぜなされたか。第一には監視者の中には厳密に臨床的な意味のサディストがいた。また監視隊には選り抜きのサディストが選ばれた。また監視者は長年、収容所内の嗜虐行為を見慣れて鈍感になっていた。しかし、人間には良心のある人と無い人の二種類がいた。それはドイツ兵だろうと囚われのユダヤ人だろうと同じだった。人間はつねに何かを決定する存在だ。ガス室を発明したのも人間だし、ガス室で毅然と祈りの言葉を口にしたのも人間だ。

    第三、解放。解放されてもその場で喜べなかった。うれしいとはどういうことか忘れていた。故郷に戻った時の不満と失意。そこで会う人はおざなりの言葉をかけてくる。待ち受ける愛する家族がいない現実。

  • 人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在。強制収容所という過酷な環境の中にあって、非道な行いをするものもあれば、他者に思いやりをもって接するものもいた。

    人間は周囲の環境などに規定される存在ではなく、その中にあってどう振る舞うか、どう生きるかは各自が決めることができる。未来に希望をもち、苦しみの中にも生きる意味を見出していく。生きることからなにかを期待するのではなく、生きることが自分になにを期待しているか、その答えを出し続けなければならない。どんな答えを出すか、その自由は誰にも奪えないし、どんな環境にあっても、各自の手に委ねられている。

  • 「人間」とは何か、生きるとは何か。
    あらゆる衣を文字通り剥ぎ取って剥ぎ取って、見えてきた芯。
    環境で人は変わると信じていたが、変わらない人もいる。
    どんな環境であっても、人の内側だけは解放することが出来る。

    頭でわかった気になっても、まだストンと落ちてはない。
    落ちる日は来るのか。

  • 昔大学の授業で紹介してくれた先生がいて、その時から面白そうと思ってた本。

    たしかに壮絶な強制収容所のことが書いてあった。

    ただ、期待値が高すぎたのか、自身の感性がヘタれているのが涙が出るほどは感動できなかった。生活期に、感情の起伏が減っていきどんな環境でも慣れようとするというのは恐ろしいが、興味深い。

    <勝手なポイントまとめ>
    - 強制収容所に入る人の、3つの段階
     収容期、生活期、解放期

    - 収容期
    恩赦思想と、変なユーモアに囚われる

    - 生活期
    感情の平坦化
    苦しみの中にも、生きる意味を見出す

    - 解放期
    信じられず感情がしばらく戻ってこない
    思想が歪むものもいる

  • 作者は自らの体験を交えながら、収容所を構成する様々な立場の人間を通して、極限状態の精神を分析してゆく。話は、人間の生きる意味や、そもそも人間とは何かという本質的な事柄にも及ぶが、普段の日常からかけ離れた体験から導き出される考察はどれも新鮮で、時代が変わっても似たような本が出て来ることは無いように思う。
    抑留や収容などの体験談を読み聞きするたびに、どうしてこんなにも非人道的な事が出来るのだろうと一種のフィクションに近い縁遠さを感じてしまっていたが、冷静に且つ客観的に分析された本の内容が、一気に現実的なものとしてそれらを身近に引き寄せてくれたような感覚。
    宗教的な内容もあり、少し理解しづらい箇所もあったが、とても興味深く読めた。

  • ベストセラー作品の割にこの年まで読まずに来てしまっていたので、一度腰を据えて読んでみようと思って手に取った。ホロコーストは、高校生の時に市の図書館でホロコースト展を見たことがきっかけで、シンドラーのリストを見たり、いくつかそれ系の本を読んでいたのだけれど、久々に読んだこの本は、収容者側の心理が事細かに書いてあって、とても興味深く読めた。よくレビューで書かれているように、ものすごく感動したり心を揺さぶられることはなかったけれど(10代のころに読んだらまた違ったか?)、歴史的に価値のある本であることは確かだと思った。
    原題はとくに変哲もないものなので、日本での売上に最も貢献したのは、「夜と霧」という詩的な素晴らしいタイトルに変えた翻訳者の功績だと思った。

  • 強制収容所に収監されていた心理学者の手記。なによりもはじめに「感情」がなくなる、ということ・・・虐待やこういった苦痛を受けた人によくある、苦痛を受けている自分を認められなくて傍観する側に立つように心が動く、という描写が印象的。
    「まるで自分の屍のあとから歩いている」ような気がした、という被収容者の言葉はその心理をまさしく示している。「生きる屍」。過酷な状況での労働、未来が見えない日々。理不尽な死。
    この非道のメカニズムについて、被収容者側だけでなく実際に看守であった側やナチス側の著書にもあたってもう一度考えたい。

  • 歴史的にも、文献としても、価値ある本だ。それは間違いないが、一方でぼく的には中途半端な読み物に感じた。
    心理学者が強制収容所に行く、ということで、被収容者の心理学的、科学的な分析を期待したが、それほど深い分析ではない。
    強制収容所の実態を克明に記しているかといえば、著者本人も言っている通り、それも他の書籍に勝るものではなく、あくまで主観的に、自分の周りで起きたことの描写に留めている。
    哲学的な観点からのアプローチも、それほど深いものではない。叙述としては、有名な「人間はガス室を発明した存在だ。だが…」のフレーズが頭に残るくらいか。

    とはいえやはり、読む価値はある。強制収容所の様子は、主観的な記述に抑えてあるからこそ、真に迫る迫力がある。心理学や哲学からのアプローチも、多大な期待を先に抱き過ぎさえしなければ、充分に人の心を揺さぶるものを持っている。
    教養として読んでおくべき本なのは間違いない。そういう意味で万人にお薦めする。

  • ナチスドイツのアウシュヴィッツ収容所に強制収容されたいた心理学者ヴィクトール・E・フランクルの体験記。

    心理学者の立場、見地から書かれているのが特徴。

    収容所での被収容者の心理は3段階に分かれるという。

    施設に収容される段階

    収容所生活そのものの段階

    収容所からの出所ないし解放の段階

    である。

    内容は、全般的に重い。

    なんとも言えない読後感であった。

    印象的だった箇所は以下のとおり。

    ・髭を剃れ、立ったり歩いたりするときは、いつもぴしっとしていろ。そうすればガス室なんて恐れることはない。

    ・人は強制収容所に人間をぶちこんですべてを奪うことができるが、たったひとつ、与えられた環境でいかにふるまうかという、人間としての最後の自由だけは奪えない。

    ・なぜ生きるかを知っている者は、どのように生きることにも耐える

    ・生きるとはつまり、生きることの問に正しく答える義務、生きることが各人に課す義務、時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることにほかならない。

    ・まさにうれしいことはどういうことか、忘れていた。

  • 人間の身体はそう簡単には壊れない.念願の開放,しかし極限状態の後には,精神はこう動くのか.

著者プロフィール

ヴィクトール・E・フランクル(Viktor Emil Frankl)
1905年、ウィーンに生まれる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。1955年からウィーン大学教授。人間が存在することの意味への意志を重視し、心理療法に活かすという、実存分析やロゴテラピーと称される独自の理論を展開する。1997年9月歿。
著書『夜と霧』『死と愛』『時代精神の病理学』『精神医学的人間像』『識られざる神』『神経症』(以上、邦訳、みすず書房)『それでも人生にイエスと言う』『宿命を超えて、自己を超えて』『フランクル回想録』『〈生きる意味〉を求めて』『制約されざる人間』『意味への意志』(以上、邦訳、春秋社)。

夜と霧 新版のその他の作品

夜と霧 新版 Kindle版 夜と霧 新版 ヴィクトール・E・フランクル

ヴィクトール・E・フランクルの作品

ツイートする