読書の首都パリ

著者 :
  • みすず書房
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622046608

作品紹介・あらすじ

活字メディアの世紀、フランス小説をとりまく都市空間と出版市場の動態を、バルザック、ゾラ、フロベールを軸にして闊達に描き出す、意欲的な書物の文化史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【閲覧係より】
    ■パリの風景・古本屋さん
    古本屋はタイムマシン!?
    その発祥は17世紀ともいわれているパリの古本屋。
    そこに並ぶ古書さながら、一歩足を踏み入れるとタイムスリップしたような錯覚に陥るかも・・・

    19世紀は活字メディアの世紀。フランス小説をとりまく都市空間と出版の動態を、バルザック、ゾラ、フロベールを軸に描き出す、意欲的な書物の文化史。
    -----------------------------------
    資料番号:10117286
    所在番号:950.26||ミシ
    -----------------------------------

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。放送大学教授、東京大学名誉教授。主要著書:『本の都市リヨン』(晶文社、大佛次郎賞)『書物史のために』(晶文社)『ラブレー周遊記』(東京大学出版会)『読書の首都パリ』(みすず書房)『本を読むデモクラシー』(刀水書房)『神をも騙す――中世・ルネサンスの笑いと嘲笑文学』(岩波書店)主要訳書:モンテーニュ《エセー》全7巻(白水社)ラブレー《ガルガンチュアとパンタグリュエル》全5巻(ちくま文庫、読売文学賞、日仏翻訳文学賞)

「2019年 『モンテーニュの言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下志朗の作品

ツイートする