記号学の冒険

  • みすず書房
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622049685

作品紹介・あらすじ

「物語の構造分析序説」(1966)以来、バルトはフランスのナラトロジー(物語記号論)のリーダーとしてこの先端領域を切り拓いてきた。本書は、この分野における主要な論考、「物語の構造分析-『使徒行伝』10‐11章について」(1969)「行為の連鎖」(1971)「エドガー・ポーの一短編の分析」(1973)を収める。この三編の邦訳によって、バルトの"物語学"関係のエッセーはほとんど訳されたことになる。彼の新鮮な分析視角はわが国の"物語研究"にも有益な示唆を与えるであろう。他にも、レヴィ=ストロースの『野生の思考』を論じた「社会学と社会論理」をはじめ、「ソシュール、記号、デモクラシー」「記号学と都市計画」「記号学と医学」など、バルトの柔軟な"意味作用の記号学"の実践を示すエッセー(試み)を収録。言説の繰り返しをきびしく斥けた"知=快楽"の冒険家バルトの軌跡、テクスト記号学の展開を、本書はみごとに示している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「広告のメッセージ」が面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1915年、シェルブールに生まれる。1980年、パリにて没する。哲学者、記号学者、批評家。主な著作に、『零度のエクリチュール』(1953年。みすず書房、2008年)、『モードの体系』(1967年。みすず書房、1972年)、『S / Z』(1970年。みすず書房、1973年)、『ロラン・バルトによるロラン・バルト』(1975年。みすず書房、2018年)、『恋愛のディスクール・断章』(1977年。みすず書房、2020年)、『明るい部屋――写真についての覚書』(1980年。みすず書房、1985年)などがある。

「2021年 『恋愛のディスクール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロラン・バルトの作品

ツイートする
×