日本のルィセンコ論争 (みすずライブラリー)

著者 :
  • みすず書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622050124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • (推薦者からのコメント)「ルイセンコ主義」と「原発安全神話」は同じ構造(つまり、政治的正しさが科学的知見の実証に有効であるとする考え方)にあると思うので参考に読んでみたい。

  • 農業の急速な集団化を背景にルィセンコのジャガイモ萎縮病防止法が35年の「集団農場突撃労働者第二大会」で支持を得、その基礎となった彼の獲得形質遺伝学説が‘イデオロギー闘争’に勝利しスターリンの後ろ盾を得て急速に勢力を獲得し、バビロフを初めとしたメンデル・モルガンの正統派遺伝学者を観念的・機械的・ブルジョワ的だとして駆逐、ソ連の主流になる。その獲得形質遺伝論争が戦前から戦後50年代初めまで日本の生物学界および農法において巻き起こした論争とその影響を中心にして細かに追っている。少なくとも当時の生物学の発展レベルからすれば、ルィセンコ説をひとつの学説として政治的な要素を混入させずに実験という実証手段によって検討することで生物学に寄与できたかもしれないものを、ルィセンコ、ソ連支持者はもとより、正統遺伝学者も反共を背景に態度を硬化させてその機会を逸してしまったことなどを指摘している。ルィセンコ式のヤロビ農法を採用し、日本共産党51年綱領に基づいて農村に分け入ってこの農法を適用したものの、貧農には役に立たないことが判明してしまったところなど今の北朝鮮と同じことやってたんだなーと面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932-2014。東京に生まれる。1958年、東京都立大学理学部卒業。1967年、立正大学教養部講師。その後、助教授、教授を経て、1995年から同大学仏教学部教授。著書 『ルィセンコ論争』(みすず書房、1967、のち〈みすずライブラリー〉版『日本のルィセンコ論争』、1997)『生物学と社会』(みすず書房、1970)『生物学の歴史』(河出書房新社、1973)『生物学を創った人びと』(日本放送出版協会、1974、のち増補・改訂して『生物学を創った人々』みすず書房、2000)『危機に立つ科学者』(河出書房新社、1976)『日本人の動物観』(海鳴社、1984)『狸とその世界』(朝日新聞社、1990)『河童の日本史』(日本エディタースクール出版部、1996)『胞衣の生命』(海鳴社、1999)『狐の日本史』近世・近代篇(日本エディタースクール出版部、2003)『生命観の日本史』古代・中世篇(日本エディタースクール出版部、2011)ほか多数。

「2017年 『新版 日本のルィセンコ論争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村禎里の作品

ツイートする
×