• Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622050131

作品紹介・あらすじ

O.サックス、S.J.グールド、D.ケヴレス、J.ミラー、R.C.ルーウォンティン。科学的発見の歴史をつくる偶然と必然のドラマをめぐっての豪華な連続講演。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『消された科学史』

    原題:HIDDEN HISTORIES OF SCIENCE
    著者:ジョナサン・ミラー
    著者:スティーヴン・J・グールド
    著者:ダニエル・J・ケヴレス
    著者:R・C・ルーウォンティン
    著者:オリヴァー・サックス
    訳者:渡辺政隆
    訳者:大木奈保子

    【版元】
    四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    定価 2,376円(本体2,200円)
    ISBN 4-622-05013-7 C1340
    1997年6月20日発行

     「科学的発見の歴史において忘れ去られた瞬間」をテーマに、連続講演会が企画された。名高い書評誌『ニューヨーク・レヴュー・オブ・ブックス』の編集長シルヴァーズは、演壇に錚々たる顔ぶれをそろえた。
     『レナードの朝』や『火星の人類学者』から神経科医として体験したエピソードをひきつつ、自然の全体を捉える新たな科学理論の構築にまで論を展開するサックス。
     『ワンダフル・ライフ』でもおなじみの、進化イコール進歩という誤った概念について、愛蔵の図像コレクションをならべて巧みに語るグールド。
     そして医学博士にしてテレビ・劇場・オペラなどマルチプロデューサーのミラー。名著『優生学の名のもとに』のケヴレス。生物学界の論客ルーウォンティン。
     歴史の偶然と必然のドラマをめぐる豪華な競演、5篇のエッセイを所収。
    https://www.msz.co.jp/book/detail/05013.html


    【目次】
    無意識を意識する  ジョナサン・ミラー
    梯子図と逆円錐形図――進化観を歪める図像  スティーヴン・ジェイ・グールド
    嫌われものを追う――がんとウイルスと勇気ある追跡の歴史  ダニエル・J・ケヴレス
    遺伝子と環境と生物  R・C・ルーウォンティン
    暗点――科学史における忘却と無視  オリヴァー・サックス

    訳者あとがき

  • 20/5/9

全3件中 1 - 3件を表示

オリヴァーサックスの作品

ツイートする
×