無口な友人

著者 :
  • みすず書房
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622070276

作品紹介・あらすじ

将棋やヴィトゲンシュタインから田中康夫・先生の書棚、死と死者をめぐる省察まで。世間と向き合い死をも見すえて、いよいよ深みを増したエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カフカで有名な翻訳家のエッセイ

    賢くてゆるい人だ。権力が嫌いでそして自分の芯があって良い。好感の持てる人物。
    老人のエッセイていい。

    『いたずらモノ』が良かったな。

    それにしても2200円て高い。

  • カフカの訳者で有名な池内先生のエッセイ。
    パーティーきらいなところも、他人との距離感の持ち方も共感する分多し。ただ一本気の通ったところはずっとうわて。
    特に銭湯セットがいつもバッグに忍ばせてあって、喫茶店代わりに銭湯はいるところとか、なるほど!その手があったか、とかおもった。
    これから先の人生、池内先生をお手本にしようと決めた。J。MASCISでも加藤一二三先生でも内田百閒先生でもなく!

全3件中 1 - 3件を表示

無口な友人のその他の作品

無口な友人 Kindle版 無口な友人 池内紀

池内紀の作品

ツイートする