共感する力

著者 :
  • みすず書房
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622070689

作品紹介・あらすじ

政治の混乱、戦争への危機、凶悪犯罪の増加、教育現場の歪み-渾沌に満ちた時代の極限状況の中で、人間への希望を見る強い眼差しを湛えた同時代批評集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「それ」はもう、意識的に的確な訓練をしなければ得られなくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1944年生まれ。長浜赤十字病院精神科部長などを経て、現在、関西学院大学教授。専攻は比較文化精神医学。1999年2月の広島県立世羅高校・石川敏浩校長の自殺についての検証をきっかけに、君が代強制に苦しむ教師たちの精神医学にかかわる。著書に、『虜囚の記憶』(みすず書房)、『子どもが見ている背中』(岩波書店)、『させられる教育』(同)、『戦争と罪責』(同)、『喪の途上にて』(同、講談社ノンフィクション賞)『コンピュータ新人類の研究』(文藝春秋、大宅壮一ノンフィクション賞)など多数。

野田正彰の作品

ツイートする