みる きく よむ

制作 : 竹内 信夫 
  • みすず書房
3.31
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622071815

作品紹介・あらすじ

創造の源泉とは?芸術の普遍性とは?現代文化人類学を率い、20世紀ヨーロッパ精神を代表する知性の一人が、人間的な魅力豊かに、「思考の快楽」にいざなう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プッサン

  • 冒頭、レヴィ=ストロースはプルーストの文学作品を分析対象に取り上げ、そのいでたちを解説する。

    「プルーストは、自分の仕事を、あらかじめ一定の形に裁断された生地を使ったドレスを縫い上げる針子の作業になぞらえている。あるいは、ほころびのひどい中古のドレスのつぎあて作業に。それと同じように、作品を書くときに彼がおこなっているのは接合であって、たくさんの断章を互いにつなぎ合せるのである」(P.4)。

    直後に、彼が映画用語を借用して「モンタージュ的」「コラージュ的」と言い換えているこの「接合」という語の選択は、極めて的確であり、人類学者としてのレヴィ=ストロースの炯眼を感じた。なぜなら、社会というテクスト自体、それぞれが独立した、異なる根拠律が「接合」され、パラパラとモンタージュのように見せられ、上演され、繰り返されることによって、織り上げられているからだ。

  • 面白いような、面白くないような。難しいような、難しくないような。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1908年11月28日ベルギーに生まれる。パリ大学卒業。1931年、哲学教授資格を得る。1935-38年、新設のサン・パウロ大学社会学教授として赴任、人類学の研究を始める。1941年からニューヨークのニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチで文化人類学の研究に従事。1959年コレージュ・ド・フランスの正教授となり、社会人類学の講座を創設。1982年退官。アカデミー・フランセーズ会員。2009年10月30日、100歳で逝去

「2017年 『音と意味についての六章 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クロード・レヴィ=ストロースの作品

みる きく よむを本棚に登録しているひと

ツイートする