一六世紀文化革命 2

著者 :
  • みすず書房
3.92
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622072874

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  新しく発見された事実をラテン語が取り込まなかったことにより、学術言語として俗語が用いられるようになると、技術者による知識の開放が始まり、権威偏重から経験重視へ、定性的議論から定量的計測へと学術領域は展開していった。
     しかし、技術者によって始まった一六世紀文化革命・言語革命は、一七世紀になると有閑エリート層の手に奪い取られていき、数々の発見は体系化され、一七世紀科学革命として結実することになる。

     天文学・地理学などにおける発展や、一七世紀科学革命をリードするイングランドでの一六世紀の様子、言語の世界における変化などが、一七世紀科学革命につながって行く様を描いている。

著者プロフィール

1941年、大阪に生まれる。1964年東京大学理学部物理学科卒業。同大学大学院博士課程中退。現在 学校法人駿台予備学校勤務。

「2019年 『現代物理学における決定論と非決定論 [改訳新版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本義隆の作品

ツイートする